井上拓真(井上尚弥弟)の母親が不倫相手に叱責?マザコンでやばい!

エンタメ芸能
スポンサーリンク

先日、週刊女性にダブル不倫が報じられ、ネットで大炎上している井上拓真さん。

その母親である井上美穂さんが不倫相手に叱責したという情報が明らかになっています。

なぜそんなことが起きたのか?気になりますよね。

また、自分が起こした不倫騒動に母親を巻き込む井上拓真さんのマザコン説も調査していきます。

この記事では「井上拓真(井上尚弥弟)の母親が不倫相手に叱責?マザコンでやばい!」と題して情報をまとめています。

スポンサーリンク

井上拓真の母親が不倫相手に叱責?

泥沼状態になってしまった不倫騒動ですが、最終的に拓真さんが契約書を持参しサインを不倫相手Aさんに求めたそうです。

その際にサインを断ったAさんに対して、拓真さんの母・美穂さんが叱責したそうです。

不倫相手Aとの馴れ初め経緯についてはこちらに詳しくかいています。

契約書提示までの経緯

不倫相手Aさんの旦那さんに不倫がバレて、拓真さんには慰謝料が提示されました。

慰謝料は全て払いAさんは離婚。

Aさんはようやく「拓真さんと結婚できる」と思った矢先、拓真さんの態度は急変したそうです。

LINEはブロック、電話も着信拒否。

後日、友人を交えて拓真さんと4時間にもわたる話し合いの場で、

「俺は離婚するなんて一言も言ってない」

「そっちが勝手に離婚しただけ」

と拓真さんの都合のよい発言をしたそうです。

その後、拓真さんはAさんに契約書を持参しサインを要求しました。

その契約書の内容についてAさんの知人がコメントしています。

「拓真さんの都合のいいことばかり。違反した場合は300万円を支払う項目まで書いてありました。」

<引用:週刊女性>

ここで拓真さんが母・美穂さんに電話をして、Aさんを電話口に出させます。

母「慰謝料を取らないであげるんだし、今日だって会わせてあげてるのに!」

いくらなんでも一方的すぎて酷すぎますよね。

Aさんは弁護士を立てた旨、拓真さんに告げると

「金額を抜いた契約書に作り直すからサインをして欲しい」

と言ってきたそうです。

そして、今度は母・美穂さんを連れてAさんの自宅へ訪ねてきたといいます。

Aさんは「じっくりと考えた末、サインはできない」と伝えると、

母・美穂さんが大声でAさんを叱責したそうです。

その時も息子の非を一切認めるコメントなどなく、最後は「こっちも対応させてもらいます」と捨て台詞を吐いて帰ったそうです。

プロボクサーの井上拓真さんと、母・美穂さん2人に責められたら何も言えなくなりますよね。

想像するだけで恐ろしいです。

井上拓真はマザコン!?

成人男性が自分の不倫騒動の尻拭いに母親を参上させる時点で問題ですよね。

この時点で「マザコン」と思われても仕方ありません。

母親も子離れができていないように感じますよね。

ご家族でプロボクサーを支えているのはわかりますが、この件はボクシング無関係ですからね。

もしも兄・尚弥さんだったら母親を巻き込むことはしない気がします。

関連記事はこちらです。

まとめ

以上、「井上拓真(井上尚弥弟)の母親が不倫相手に叱責?マザコンでやばい!」と題してまとめてみました。

不倫はどちらも悪いですが、井上拓真さんと母・美穂さんのAさんに対する迫り方は感情的で強行過ぎる気もします。

愛する息子の不倫騒動に、詫びることもなく、叱責する親の対応にも驚きますが、それを平然とみていた拓真さんにも問題があるように思えます。

しかし、それでも負けないAさんも強いですよね。

この件は、今後どうなっていくのか追っていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました