嘉風嫁(大西愛)の虐待音声がエグい「死ねばいい」と叫び暴行も!

エンタメ芸能
スポンサーリンク

元関脇(2019年9月に引退)の嘉風の嫁である大西愛さん。

2021年3月22日に実娘への暴行容疑で逮捕されました。

これまでも11歳長女に対して壮絶な虐待を行っていたようです。

週刊誌にその証拠となる映像や録音された音声が入手されており、情報がまわっています。

証拠となる音声には「死ねばいい」など罵声を浴びせ、さらには失明寸前の暴力まで。

犯罪寸前の虐待レベルのようで、その証拠となる音声や動画について調べてみました。

この記事では「嘉風嫁(大西愛)の虐待音声がエグい「死ねばいい」と叫び暴行も!」と題して情報を発信していきます。

 

<引用:instagram>

スポンサーリンク

嘉風嫁(大西愛) 虐待音声

こちらがデイリー新潮が2020年6月に入手した証拠の虐待音声です。

実娘にする行為とは思えない壮絶な内容となっています。

「おまえしかおらん!  早く行けー!  死ぬぞ!  知らんぞ、おまえ。目ぇ真っ白になんで。黒目がなくなって。真っ白になんで!」

娘さんは悲鳴を上げえ 「いったいぃ!」と声をあげているので、ムヒを目にいれたのでしょう。

犯罪と呼べる虐待レベルですよね。

今回の音声はおそらく嘉風が録音しており、大西愛さんも音声が事実であると認めているようです。

大西愛(嘉風嫁) 虐待動画

こちらは週刊誌「女性セブン」が入手した動画です。

大西愛さんが娘の筆箱に消しゴムがなかったことに腹をたて、激高しています。

ベッドに座っていた小学生の娘は身を守るように倒れ込んでいます。

「オラぁ!  片付けろ、ボケぇ。」

「どこ置いた、おまえ。何でもかんでもなくしやがって!」

「おまえなぁ、その連絡のやつ貸せ!  連絡のやつ、貸せよ。ほら、ファイルや!  ファイル!  なかに入ってるやんけ、おまえ!  貸せ、早く!」

鬼母といえる罵声、髪を振り乱して小学生の娘をベッドに押し倒して引っ叩き、蹴り飛ばす。

まだ幼い弟は怯えて逃げる。

おそらく、娘さんが動画を必死の思いで撮ったと思われます。

勇気を出してSOSをした娘さんに拍手です。

嘉風嫁(大西愛) 世間の声

ネット上では、このような声が上がっています。

<音声について>

<動画について>

よく撮ってたねぇ。ホントに怖い。こんな女性居るんだ。こんな人が母親って。子供自らが、助けを求めたくて撮ってたらしいです。泣けます。こんな事が日常茶飯事なの?。早く子供達を助けて下さい。

はあ?なんちゅう母親だ!娘さん、よくぞ告発した!こんな人母親じゃない。縁切っていい。

息子が暴行を察してとっさに部屋から逃げている この女のヒステリックはいつもの事なんだろうね

どちらも見ていると胸が痛くなりますね。

今は離婚調停中で、大西愛さんと娘さんは離れて暮らしているようです。

また、同じマンションの住人の方たちのコメントに

「嘉風さん一家の部屋からは、とても躾とは思えない奥さんの怒鳴り声がよく響いてきましたよ。それも“死ねぇ!”とか“このボケッ!”と聞くに堪えない言葉でね。そんな状況が長いこと続いて、去年の7月中旬に凄まじい夫婦の言い争いが聞こえまして……」

住人の方も聞くに絶えないですよね。

まとめ

以上、「嘉風嫁(大西愛)の虐待音声がエグい「死ねばいい」と叫び暴行も!」と題して、まとめています。

今回の証拠動画で警察の事情聴取も入り、ついに逮捕となりました。

子供たちは嘉風が引き取り、大西愛さんとは別々に暮らしているようです。

おそらくこれまでも日常的に虐待を行っていたに違いありません。

1日も早く、娘さんと息子くんが笑顔で過ごせる日常に戻れることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました