DaftPank(ダフトパンク)の解散理由は?ヘルメットの理由?

エンタメ芸能
スポンサーリンク

2021年2月22日、フランスの人気デュオ「DaftPank(ダフトパンク)」が解散というニュースが飛び込んできました。

解散の理由は一体なんだったのでしょうか?

そして、同時公開された8分の動画「Epilogue(エピローグ)」とは何を意味しているのでしょうか?

非常に気になりますよね。

この記事では「DaftPank(ダフトパンク)の解散理由は?エピローグとは?」と題して、調査した情報をまとめています。

スポンサーリンク

DaftPank(ダフトパンク)の解散理由は?

DaftPank(ダフトパンク)の解散理由は一体何だったのでしょうか?

理由を調べたところ

広報担当者に確認したところ、解散は認めたが理由は明かされなかったとのこと

<引用:https://spincoaster.com/news/daft-punk-call-it-quits>

ダフト・パンクの広報担当者は解散を「事実」と認めていますが、詳しい解散の理由については一切言及していませんでした。

DaftPank(ダフトパンク)の公開動画エピローグとは?

解散のニュースと同時に8分ほどの公開動画Epilogueがyoutubeにあげられました。

この動画の意味についても、確信となる情報は明らかになっておりません。

それぞれの思いで「Epilogue」に秘められた2人からのメッセージを受け止めたいですね。

DaftPank(ダフトパンク)のヘルメットをつける理由?

DaftPank(ダフトパンク)は1993年にデビューし、最初はへルメットをつけずに活動していました。

しかし、1999年からヘルメットを被るようになり、その理由がこちら。

「架空の存在として印象づけるため」

そして、ダフト・パンクのメンバーであるトーマ・バンガルテルが次のとおり語っていたそうです。

「僕らはフィクションと現実の境界線に興味があり、架空のペルソナを想像している」

最近では顔を出さないアーティストは多いですが、当時は顔を公開しないアーティストは少なかったので、そのスタイルが話題を呼び、ダフトパンクとしてのスタイルが確率できたことに成功しています。

謎めくアーティストは魅力的ですよね!

まとめ

世界中の音楽ファンがDaftPank(ダフトパンク)の解散ニュースを聞いて驚いていることでしょう。

いつか実現するであろう数十年ぶりの日本公演を楽しみにしていたファンの方も非常に残念なニュースですよね。

約30年間の音楽活動に終止符を打ったDaftPank(ダフトパンク)の2人!

これからどんな道を選ばれていくのか、きっと今後も楽しみを届けてくれる日が来ると願いたいですね。

「DaftPank(ダフトパンク)の解散理由は?ヘルメットの理由は」を最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました