新川帆立(東大卒)の弁護士事務所はどこ?プロ雀士を目指した理由は?

未分類
スポンサーリンク

「元彼の遺言状」で作家デビューした新川帆立さん。

異色の経歴持ち主で最近ではメディアにも多く起用され、注目をあびています!

東大卒で弁護士である新川帆立さんはプロ雀士でもあったそうです。

そんな新川帆立さんが所属している弁護士事務所がどこにあるのか気になりますよね。

そしてプロ雀士を目指した理由も調査してみました。

この記事では「新川帆立(東大卒)の弁護士事務所はどこ?プロ雀士を目指した理由は?」と題して、情報をまとめて配信していきます。

新川帆立(東大卒)の弁護士事務所はどこ?プロ雀士を目指した理由は?

 

 

こちらも話題の記事です。

スポンサーリンク

新川帆立 弁護士事務所はどこ?

新川帆立さんは東大卒業後に就職した先が大手法律事務所だったそうです。

ただ、そこの事務所の名前まで公開されていませんでした。

ただ、法律事務所での勤務で体を壊してしまったことがあるそうで、この経験はデビュー作「元彼の遺言状」に活かしているそうです。

一ヶ月の残業時間は150時間を超え、激務の毎日だったそうです。

体を壊してもおかしくないハードな仕事だったんですね!

現在は企業の法務部へ転職し弁護士としても働かれておりますが、企業名まで情報は明らかになっていません。

分かり次第、更新していきたいと思います。

新川帆立 プロ雀士を目指した理由は?

司法試験合格後の司法修習中に日本プロ麻雀協会のプロテストに合格されています。

高校で囲碁部に入部していましたが、その頃から「麻雀」の楽しさに気づき、麻雀のほうが得意?と思い始めたそうです。

その理由がこちらです。

囲碁は研究しただけ成果が出ます。準備不足だと自分よりも経験のある人に絶対勝てないゲームなので、試合の当日のモチベーションが全然上がらないんですけど、麻雀は強い人にも勝てますし、逆に初心者にも負けるし、不確定性があって面白いと思うようになりました。

大学に入ってからは囲碁よりも麻雀のほうに軸足を移したという感じですね

<引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1e509cc08dcf9216a54be4d2bcede47f894b867f>

しかし、「麻雀を」特技だけで終わらせず、麻雀のプロテストまで受けた理由がこちらです。

大学のときに麻雀をしていて、若い女の子だったこともあって、『私、麻雀やるんですよ』と言っても信じてもらえない。

『彼氏に習ったの?』って反応されることがあって、毎回イラッとしていました(笑)。

自分はガチでやっているんだという気持ちがありましたので、肩書きを取ればもうそんなことは言われないかなと思いまして…。

それから、司法修習中は案外、時間が取れるので、公式戦に出てプロになりました

<引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1e509cc08dcf9216a54be4d2bcede47f894b867f>

自分が本気で取り組んでいるものを、軽視されると良い気持ちはしないです。

プロ雀士としては1年間の活動ですが、麻雀も相当なレベルですよね。

こちらも話題の記事です。

まとめ

作家意外に、弁護士やプロ雀士という経歴を持つ新川帆立さん。

その1つが叶うだけでも凄いことなのに、どれも特技を越したレベルで尊敬するばかりです。

気持ちはあってもなかなか叶わないのが普通ですよね。

新川帆立さんの次回作の小説も楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました