シバタリコ何者?母親は失踪・養護施設育ち!壮絶な生い立ち・シンデレラストーリー

エンタメ芸能
スポンサーリンク

2021年2月にハリウッドスターのニコラスケイジさんと結婚したことで注目されているシバタリコ(芝田璃子)さん。

それもそのはず、ニコラスケイジさんにとっては5度目の結婚相手であり、年の差が30歳

シバタリコさんは、日本で女優として活動していたそうですが、ほぼ無名に近い状態で、報道が出てもグーグルでは「シバタリコ 何者」と出てくるばかりです。

今回は「シバタリコさんが一体何者なのか?」を詳しく調べてみました。

また、シバタリコさんは母親が失踪し、施設で育っているという情報もありました。

幼い頃は壮絶な生い立ちだったシバタリコさんが、シンデレラストーリーとなるまでをまとめています。

無名女優がどうやって、大スターと出会い、そのハートを射止めたのか非常に気になります。

そこについてはこちらに詳しくまとめています。

今回は、「シバタリコ何者?母親は失踪・養護施設育ち!壮絶な生い立ち・シンデレラストーリー」と題して、発信していきます。

<シバタリコ(芝田璃子)何者?>
・母親は失踪・養護施設で育った過去
・壮絶な人生とは
・経歴・現在は?
スポンサーリンク

シバタリコ(芝田璃子)何者? 母親は失踪・養護施設育ち!

シバタリコさんは2018年に放送された番組「親子の絆のぞき見バラエティ!イマドキ家族」に出演しています。

その際に、母親の失踪や養護施設で育ったことについて語られていました。

・母親は3才の時「買い物に行く」と言ったきり帰ってこなかった。

・経済的な理由で父親と一緒に住めなかった。

・小学校から高校1年生まで児童養護施設で育った。

ご両親は経済的理由で、シバタリコさんを養護施設に預けるしか方法がなかったようです。

恐らく兄弟については語られていないので、シバタリコさんは一人っ子かと思われます。

シバタリコ(芝田璃子)壮絶な生い立ち

2018年放送の「親子の絆のぞき見バラエティ!イマドキ家族」の番組内で、シバタリコさんについて、以下の情報が明かされています。

・母親は3才の時「買い物に行く」と言ったきり帰ってこなかった。

・経済的な理由で父親と一緒に住めなかった。

・戸籍上は両親は離婚していない

・小学校から高校1年生まで児童養護施設で育った。

・卒業式や授業参観には施設の職員がきていた

・実の父親とは1年に1度会うかどうかとの関係

・有名になって母親に気づいてもらうために役者を目指した

・役者だけでは食べていけないのでアルバイトと掛け持ちをしていた

・戸籍から母親の住所が京都市内であることが判明し、21年ぶりに再開を果たした。

・戸籍上は両親は離婚していない

・母親はシバタリコさんの居場所を探し、遠くから見守っていたことが判明

・母親は経済的理由でシバタリコさんを連れていけなかったことが告げる

・母親は謝罪し、あえて戸籍を残していたことも告白

とても壮絶な人生ですね。

幼少期はとても寂しい思いをして過ごしていたかもしれません。

幼少期から24歳になるまでは、施設の協力を得ながら1人で生きてきたそうです。

とても苦労されて生きていきたシバタリコさんの生い立ちですが、母親と再開できてとても嬉しかったと思います。

その後は、まさかハリウッドスターのニコラスケイジさんの奥様になるとは夢にも思わなかったですよね。

まさに「シンデレラストーリー」ですね!

シバタリコ(芝田璃子) 経歴

シバタリコさんは、出身は京都で現在26才(2021年4月)です。

京都にある芸能事務所「ピカロエンタープライズ」に所属していて、芸歴は3.4年という浅い女優の卵です。

出演作品は、星野源さん主演の「引っ越し大名」に出演されていました。

 
 
 
 
 
Ver esta publicación en Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Una publicación compartida de 福村 友則 (立花けい) (@tomonori_fukumura)

ハリウッドを目指していた女優の卵と言うわけでもなく、駆け出しの女優さんだったようです。

現在は所属事務所からシバタリコさんの名前は消えているので、ニコラスケイジさんと結婚したタイミングで引退している可能性が高いです。

まとめ

以上、「シバタリコ何者?母親は失踪・養護施設育ち!壮絶な生い立ち・シンデレラストーリー」と題してまとめてみました。

ニコラスケイジさんの奥さんになるなんて、想像もしていなかったシバタリコさん。

きっとこれまでの苦労や滲み出ている人柄にニコラスケイジさんも惹かれたに違いありません。

シバタリコさん、どうかお幸せに!

タイトルとURLをコピーしました