【画像】小室圭・母(佳代)の元婚約者X氏は誰?名前・職業や年齢を特定!?

エンタメ芸能
スポンサーリンク

小室圭さんの母・佳代さんの元婚約者X氏が小室親子に反論していることで話題となっています。

この元婚約者と言われている男性、一体誰なのか気になりますよね。

元婚約者のことを週刊誌やニュースではX氏、竹田さん(仮名)、山田さん(仮名)と書かれていますが、一体誰なのか、名前や職業について調べてみました。

そこで今回は「【画像】小室圭・母(佳代)の元婚約者X氏は誰?名前・職業や年齢を特定!?」と題してまとめてみました。

<小室圭・母(佳代)の元婚約者X氏は誰?>
・名前・顔画像は?
・年齢・職業を特定!
・母・佳代さんとの馴れ初め・出会い
スポンサーリンク

小室圭・母(小室佳代)の元婚約者X氏 顔画像・名前は?

小室圭さんの母・小室佳代さんの元婚約者X氏について早速みていきましょう。

元婚約者X氏は一般人により顔画像・名前について、公開されていませんでした。

ただ、2018年2月28日発売の週刊誌「週刊現代」では、元婚約者X氏の年齢職業について以下の通り報じていました。

こう語るのは、小室圭さんの母・佳代さんの元婚約者・A氏。

60代後半外資系商社マンだ。

友人が400万円騒動を告発したことが、眞子さま結婚延期の契機の一つとなったことは間違いないだろう。

A氏本人が、今の心中を週刊現代に赤裸々に明かした。

<引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54519>

2018年の週刊誌記事で、60代後半とあったので、恐らく現在は70歳〜72歳(2021年4月時点)かと思われます。

また、職業については、元外資系商社マンと記載があるので、現在は引退しているようです。

尚、週刊誌のインタビューには何度も受けているのですが、顔出し等は行っていません。

また、元婚約者X氏は小室圭さんの父親が亡くなった葬儀にも参列していて、その時に元婚約者X氏を見かけた方が印象を下記の通り答えています。

色白で線が細く、身だしなみには確かに裕福な生活ぶりが感じられる男性でした。

彼には敏勝さんの葬儀で会っているんですよ(前出・知人)

<引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/957bc0843792d954d27a222be196cc1682043a47?page=2>

元婚約者X氏の家族情報はないので、恐らく今も独身の可能性が高いです。

バブル時代に外資系商社マンとくれば、お金に余裕のある男性だったに違いありません。

小室圭・母(小室佳代)の元婚約者X氏 父・敏勝さんの幼なじみ!?

元婚約者X氏は小室圭さんの亡くなった父・敏勝さんの幼なじみだったようです。

週刊誌のインタビューで本人が下記の通り答えています。

私はもともと亡くなった圭君の父である敏勝さんの友人でした。

家が近く、付き合いがあったのです。

<引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54519?page=3>

しかも、驚くことに、夫・敏勝さんが生存中、元婚約者X氏のことを小室圭さんに『湘南のパパ』と呼ばせていたそうです。

そして当時は、夫・敏勝さんを取り残し、元婚約者X氏と母・佳代さん&圭さんの3人でよくドライブに出かけていたそうです。

そもそも父親以外の男性を「パパ」と呼ばせる時点でおかしいですし、なぜ父親以外の男性と親子揃ってドライブに行くのでしょうか。

すでに不倫関係だったのか真実は分かりませんが、それにしても酷すぎる言動です。

小室佳代さんの家族・生い立ちについての記事はこちらです。

 

小室圭・母(小室佳代)の元婚約者X氏 馴れ初め・出会いは?

母・佳代さんと元婚約者X氏との馴れ初め・出会いは父・敏勝さんを通じて知り合っています。

X氏は仕事の都合で長くアメリカに滞在していましたが、ちょうど小室圭さんが生まれた頃、日本に帰国したそうです。

当時、父・敏勝さんと母・佳代さん夫婦は横浜市役所の官舎に住んでいました。

Yさんは、帰国の挨拶に小室家自宅へ訪れたそうです。

その時のことを、母・佳代さんの知人が、以下の通り証言しています。

佳代さんは当時のことを、“圭を抱っこしながら玄関先でYさんを出迎えたときに目が合って、その瞬間にお互いが運命の人だって思ったのよ”と話していました。

その後、X氏と母・佳代さんは互いに「運命の人」と呼び合っていたというから驚きです。

夫の幼なじみを“運命の人”と呼ぶというのは、どういう神経をしているのでしょうか。

きっとX氏がお金持ちと分かった時点で、母・佳代さんは乗り換えようと考えていたのかもしれません。

さらにこんなことも知人に漏らしていたそうです。

“お金持ちでオープンカーに乗ってるの!”と、うれしそうに話していたのを覚えています。  

母・佳代さんのお金に対する執着がよくわかる発言ですね。

小室圭・母(小室佳代)の元婚約者X氏 婚約者になるきっかけは?

母・佳代さんと元婚約者X氏は、2010年9月に結婚を約束し、2012年の9月に婚約解消となったそうです。

母・佳代さんは2002年に夫・敏勝さんが自殺でなくなっています。

他殺説もあり、真実は明らかになっていません。

当時は、小室さんの“父親代わり”になろうと決意したという、元婚約者X氏ですが、最終的には利用されていたのか、現在も小室家のキーマンとなっているため話題が絶えません。

当時、佳代さんはよく以下のような事を元婚約者X氏に言っていたそうです。

「圭ちゃんがこの先、父親のいない母子家庭だと言われ続けるのがかわいそう。

肩身の狭い思いをしないためにも、誰かいい人が父親になってくれないかしら」

<引用:>

この言葉を受けて、父親代わりになろうと決意したそうです。

しかし、父・敏勝さんが亡くなる前から母・佳代さんがX氏を「パパ」と呼ばせていたり、X氏とドライブに行ったりしていたことを考えると、一体どんな関係だったのか怪しいですね。

小室圭・母(小室佳代)の元婚約者X氏 貢いだモノ・金額について

2010年9月の婚約した時点で、小室家の収入は、母・佳代さんが働いていたケーキ屋さんのパート代が月12万円、遺族年金が月9万円だったそうです。

母・佳代さんはケーキ屋さん以外に、雑貨屋でアルバイトをしていたこともあったようです。

元婚約者X氏は、雑貨屋さんの売り上げがない日には、その店で1万円程のパーカーを買ってあげたこともあったそうです。

それをいいことに、「今月、ヘルプしてください」と母・佳代さんから電話があり、10万円、30万円と要求する金額がエスカレートしていったそうです。

小室圭さんの大学(ICU)にかかる費用、アナウンススクールの授業料、アメリカへの留学費用など、これら全ても元婚約者X氏が出したそうです。

しかし、母・佳代さんはこれらのお金を返済することはありませんでした。

小室圭さんが眞子様と婚約してから、これらの件でニュースとなり話題となっています。

また、小室圭さんが成人した時には、母・佳代さんから「圭ちゃんの成人式の記念に帝国ホテルで写真撮影する」と言われたそうです。

X氏は、圭さんに5万円もの革靴をプレゼントして、写真スタジオまで2人を車で送ったものの、X氏は写真撮影に参加できず。

スタジオでは小室圭さんと母・佳代さんだけ撮影したそうです。

その件で、X氏は以下の通り週刊誌にコメントしています。

私は蚊帳の外でした。その代わり、スタジオ前のスペースで、僕が撮影したのがこの写真です。

<引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54641?page=3>

上の写真で小室圭さんが履いている靴は、X氏がプレゼントした革靴だそうです。

また、X氏は退職金で購入した約570万円のジャガーが愛車だったそうですが、最終的には愛車を手放す羽目になり、家のローンも支払えず、X氏はお金がなくなり賃貸のアパートに引っ越すことになってしまいます。

その後、お金のないX氏に対して一方的に婚約破棄されてしまったそうです。

婚約してから2年間、アッシー君のような扱いを受け、総額400万円ほどのお金を支払い続けてきたX氏。

婚約破棄した翌年(2013年)8月、X氏は母・佳代さんに「貸したおカネを返してください」と手紙に書いて送ったそうです。

しかし、小室親子は連絡を途絶えてしまいます。

もらうだけもらって、悪びらない小室親子の身勝手すぎる行動、貪欲すぎて人として恐ろしいです。

元婚約者X氏に対する世間の声

元婚約者X氏に対しての世間の声を一部ご紹介していきます。

元婚約者X氏に対して、同上の声が多数です。

しかし、中には「元婚約者X氏も怪しい」と言ったコメントもありましたが、どこまでが真実なのでしょう。

何かあれば更新していきたいと思います。

以下は関連記事です。

まとめ

以上、「【画像】小室圭・母(佳代)の元婚約者X氏は誰?名前・職業や年齢を特定!?」と題してまとめています。

小室圭さんと母・佳代さんは世間から相当なバッシングを受けているにも関わらず、身を引かないところも、かなりの強者・曲者に感じます。

皇族と親戚になることが目的に見えて仕方ありません。

この2人と闘う元婚約者X氏の今後も注目ですね!

タイトルとURLをコピーしました