カリスの両親は?16歳で東大合格の勉強法・学歴経歴を調査!

エンタメ芸能
スポンサーリンク

16歳で東大合格をした経歴を持つ「カリス」さん。

そんなカリスさんは一体どんな方なのか、気になった方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「カリスの両親は?16歳で東大合格の勉強法・学歴経歴を調査!」と題して情報をまとめています。

<カリス>                                                                                                 
・カリスの両親は 
・カリスが16歳で東大合格の勉強法 
・カリスの学歴について 
・カリスの経歴について
スポンサーリンク

カリスの両親は?

カリスさんのご両親についてご紹介していきます。

カリスさんという天才を育てた気になる両親ですが、実はカリスさんは幼少期に父親から虐待を受けていたと、自身のYoutubeで話しています!

カリスさんは東大に合格されているので、幼い頃から英才教育を受けてきたんだろうなと思っていたので衝撃です。

両親の力に頼らず、自分自身で人生を切り開いてきた努力家だということがわかりますね。

 

カリスの東大合格の勉強法は?

カリスさんの東大合格の勉強法は「一切ノートをとらない」ことです。

理由は以下の通りです。

意外なことに、カリスさんは覚えることが苦手なようです。

そのため「覚える量を少なくするために、どうすれば良いか」という考えで勉強に取り組んでいたそうです。

「ノートを書くこと自体が無駄で、その時間で英単語を5回は音読できちゃいます」と話しています。

また、大切なのは『短期記憶を長期記憶に移行する』ことだそうです。

覚えるときに単に線を引くよりも、自分の脳からその記憶を引き出す力が必要になってきます。

それが結果的に、短期記憶から長期記憶への移行へとつながるのだそうです。

そして記憶力には限りがあるので、「本当に大事なことだけを選別し、覚える必要がないものは簡単に覚えるという」力が必要だそうです。

覚えることが苦手なカリスさんが編み出した『自分だけの戦略』なんですね。

カリスの学歴について

カリスさんの学歴はこちらです。

・2008年8月 韓国で大検を取得 

・2009年8月 東京大学理科一類に合格(特別編入の枠) 

・2011年4月 東京大学理科一類に入学 

・2015年3月 東京大学工学部電子情報工学科 卒業(伊庭・長谷川研究室) 

・2016年4月   ドイツのミュンヘンに留学・2017年3月 東京大学大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻修士課程 終了(伊庭研究室)                  

カリスさんの出身地の韓国では、海外の大学へ行くための試験があり、試験に受かった5名だけが海外の大学に進めるようです。

カリスさんは中学校卒業後は高校へ進学せずに、基本独学で勉強に励みました。

その結果、なんと3位の成績で合格したのです!

「自分より頑張った人はいない」と自負するほど努力されました。

現在の自信に満ち溢れたお姿は、一生懸命努力した結果が生み出したものなんですね。

カリスの経歴について

カリスさんの経歴はこちらです。

カリスさんの経歴

・2017年9月  イタリアミラノビコッカ大 

・2018年9月  国立国際医療研究センター病院・放射線診断科 

・2019年8月  イギリスケンブリッジ大学・2020年3月  博士課程教育リーディングプログラム 東京大学ソーシャルICLグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(GCL)修了 

・2020年3月  東京大学大学院情報理工学系研究科 創造情報学専攻博士課程 修了(中山研究室) 

・2020年4月  エルピクセル・CEO室

カリスさんは、大学を卒業された後に客室研究員として海外に出ています。

数々の大学や研究センターで研究をされていたことがわかり、カリスさんの凄さがわかりますね。

まとめ

今回は16歳で東大合格をした”天才”カリスさんの両親についてや、勉強法・学歴経歴などをご紹介しました。

父親から虐待を受けてきた辛い過去を持つカリスさんですが、自らの力でかなり努力されてきたのですね。

カリスさんの独自の勉強法が話題になり、今後もメディアで取り上げられる機会が増えそうですね。

カリスさんのYouTubeもぜひチェックしてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました