水口貴文の経歴や年収は!?実家や家族についても調査!

エンタメ芸能
スポンサーリンク

スターバックスコーヒージャパンのCEO5代目の「水口貴文(みなぐち たかふみ)」さん。

水口貴文さんが一体どんな人なのか、経歴や年収・実家や家族構成について気になる方も多いかと思います。

そこで今回は「水口貴文の経歴や年収は!?実家や家族についても調査!」と題して情報をまとめました。

<水口貴文>

  • 水口貴文の経歴について
  • 水口貴文の年収について
  • 水口貴文の実家について
  • 水口貴文の家族について

では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

水口貴文の経歴について

こちらが水口貴文さんの華麗なる経歴は以下の通りです。

[水口貴文の経歴]

1989年 プライスウォーターハウス コンサルティング入社

2001年 LVJグループ株式会社(現在はルイ・ヴィトンジャパン株式会社)入社

2008年 同社マーチャンダイジング担当副社長

2010年 LVJグループ株式会社代表取締役、ロエベ韓国株式会社代表取締役プレジデント&CEO

2014年 スターバックスコーヒージャパン株式会社入社、最高執行責任者(COO)

2016年 同社代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)

水口貴文さんは上智大学法学部国際関係法律学科を卒業されています。

その後は世界的な会社で様々な経験を積み、現在はスターバックスの5代目CEOを務めていらっしゃいます。

スターバックスに入社した理由は、前CEOの関根さんから誘われたのもありますが、スターバックスが大事にしている社会性に惹かれたそうです。

パートナー(従業員)と地域の人との繋がりを大切にし、信頼関係を築くことなくしてスターバックスの成功はないとおっしゃっています。

また復興支援にも力を入れていて、東日本大地震が起こった直後には店頭募金を始めたり、被災者やボランティアの方達に温かいコーヒーを届けました。

水口貴文さんはそのようなスターバックスの社会貢献や復興支援、地域との繋がりを大事にするところに魅力を感じたのですね。

水口貴文の年収について

水口貴文さんの年収は、残念ながら公表されていませんでした。

ですがスターバックスは日本国内に1600店舗以上も展開・資本金も254億円(2021年現在)のコーヒー店トップです。

ちなみに世界のスターバックス前CEOのハワード・シュルツさんの年収は22億と言われています!

水口貴文さんもそんな大企業のCEOですから、かなり稼いでらっしゃるのはわかりますね。

 

水口貴文の実家について

水口貴文さんの実家は靴の製造・販売の会社をされていました。

水口貴文さんの両親は紳士靴の「ユニオン・ロイヤル株式会社」の経営をされていたようです。

両親のお名前は、父親・水口宝一(ほういち)さん、母親・慶子(けいこ)さんです。

しかし経営が上手くいかず、水口貴文さんも父親に頼まれて20代後半から30代半ばまで立て直しを手伝います。

その時には資金繰りやリストラを経験されて、社員にリストラを通告する日の朝はストレスで吐いていたといます。

結果的に会社は他者に譲渡してしまいましたが、当時のことはすごく辛い時期だったとおっしゃっていました。

このような辛い経験が、現在の水口貴文さんの経営の糧になっているのですね。

水口貴文の家族について

水口貴文さんの家族構成は以下の通りです。

・水口貴文
・妻
・長女
・次男

水口貴文さんの家族の名前や年齢などの情報は、残念ながら公表されていませんでした。

水口貴文さんは笑顔を大切にされていらっしゃいますので、家族にも素敵な笑顔で信頼感や安心感を与えているのでしょうね。

まとめ

今回は水口貴文さんの経歴や年収、実家や家族についてご紹介しました。

今ではスターバックスのトップとして活躍されていますが、たくさんの辛い経験をされてきたんですね。

『天性の笑顔』は、そんな水口貴文さんだから出せる武器なのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました