青木玲緒樹(れおな)の学歴や経歴を調査!家族構成(父母兄弟)プロフまとめ!

エンタメ芸能
スポンサーリンク

100m平泳ぎで標準記録を上回り、見事東京オリンピックへの切符を掴んだ「青木玲緒樹(あおき れおな)」選手。

世界選手権で日本代表にも選ばれたりと、注目されてきている選手です。

そんな青木玲緒樹さんについて、今回は学歴や経歴、家族構成(父母兄弟)やプロフィールを調べまとめてみました!

スポンサーリンク

青木玲緒樹(れおな)の学歴:武蔵野中学高等学校

青木玲緒樹さんの学歴は武蔵野中学校、武蔵野高校と中高一貫校の学校に通っていました。

中学高校:武蔵野中学高等学校

〒114-0024 東京都北区西ケ原4丁目56−20

引用元:武蔵野中学高等学校

武蔵野中学高等学校は私立の学校で、進学の他にも部活動に力を入れており、レスリングやサッカー、スケートなど様々な分野で優秀な選手を輩出しています。

武蔵野高校を卒業した後は、東洋大学の経営学部経営学科に進学しています。

大学:東洋大学

〒112-0001東京都文京区白山5-28-20

引用元:スタディサプリ 進路

青木玲緒樹さんは水泳をメインで考えていたので、女子水泳部が強豪と有名だった東洋大学に進学しています!

青木玲緒樹(れおな)の経歴

次に青木玲緒樹さんの経歴を紹介します。

幼少期

青木玲緒樹さんは3歳の頃に高島平スポーツスクールで水泳デビューを果たします。

その後レベルアップを目指し、小学3年生の時にあの『北島康介』選手も通っていた東京スイミングセンターという水泳教室に通い始めました。

そこで北島康介選手に指導していた平井コーチと出会い、青木玲緒樹さんも指導を受けることとなりました。

しかし青木玲緒樹さんは波が激しい選手だったようで、なかなか記録を出せずにいました。

学生時代

その後大学4年生の時に、青木玲緒樹さんは目覚ましい成長を遂げました。

2016年の日本学生選手権では平泳ぎ100mと200mで共に優勝して2冠を達成し、その後日本代表として2018年のアジア選手権に出場しました。

その大会の200m平泳ぎでは、なんと大会新記録を出すほどの素晴らしい活躍を見せ、今後が期待される選手となりました。

引用元:ミズノ

大学卒業後はミズノに入社し、ハンガリーで行われた世界水泳で国際大会デビューを果たしました。

初の国際大会にもかかわらず100mは14位に、200mでは10位という好成績を収めています。

さらにインドネシアのジャカルタでのアジア大会では、100mで銀メダル、200mでは銅メダルを獲得しています。

社会人

しかしその後はスランプに陥り、2019年の日本選手権では納得のいくレースができなくなってしまいます。

青木玲緒樹さんはかなり落ち込み、練習に行けなくなってしまうほど悩んだそうです。

そんな時に支えてくれたのが、青木玲緒樹さんが小学3年生の頃からお世話になっている平井コーチでした。

引用元:CYCLE style

平井コーチと共に懸命に努力し、その後のジャパンオープンでは見事優勝を果たし世界選手権の出場を決めました。

スランプを克服し、世界選手権の代表を勝ち取った青木玲緒樹さんの精神力は並大抵のものではないのですね。

きっと10年以上もお世話になっている『平井コーチのためにも優勝する!』という強い気持ちもあったのでしょうね。

青木玲緒樹(れおな)の家族構成について

青木玲緒樹さんは4人家族です。

・父
・母
・青木玲緒樹
・弟

兄弟は弟さんがいて、青木玲緒樹さんは長女になります!

また、ご家族は一般の方なので、残念ながら情報はありませんでした。

ですが青木玲緒樹さんは家族についてこうツイートしていました。

青木玲緒樹さんの目標とする人はお母さんなんですね。

仲が良くて、素敵なご家族というのが伝わってきます。

青木玲緒樹(れおな)のwiki風プロフィール

最後に青木玲緒樹さんのプロフィールを紹介していきます。

<青木玲緒樹のプロフィール>
名前:青木玲緒樹(あおき れおな)

生年月日:1995年2月24日
年齢:26歳(2021年7月現在)
血液型:B型
身長:167cm
体重:56kg
出身地:東京都板橋区
所属:ミズノ

青木玲緒樹さんの性格は芯がしっかりしていて、自分を貫くタイプだそうです。

また青木玲緒樹さんは意外にもAKB48のファンだそうです。

試合の前に曲を聴いて、気持ちを奮い立たせているのかもしれませんね。

東洋大学に通っていた頃には、学食で1番好きなメニューは”鉄鍋”だったそうです。

ハードな練習の毎日ですから、ガッツリとしたメニューを好んでいたのでしょうね!

ちなみに青木玲緒樹さんの同期には内田美希選手や、リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した萩野公介選手がいらっしゃいます。

いわゆる『萩野世代』のメンバーと共に切磋琢磨し、モチベーションを維持してきたのでしょうね。

まとめ

以上、「青木玲緒樹(れおな)の学歴や経歴を調査!家族構成(父母兄弟)プロフまとめ!」と題してまとめてみました。

スランプを乗り越え、水泳選手として覚醒し出した青木玲緒樹さん。

2021年東京オリンピックでは、お世話になった平井コーチに是非メダルをかけてあげてほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました