現実主義勇者の王国再建記がつまらない気持ち悪い・面白いの理由!評価感想や評判まとめ!

アニメ
スポンサーリンク

2022年の冬アニメ放送で『現実主義勇者の王国再建記』2部が決定となりました。

2部が放送される時点で、口コミ評価が高いことに間違いありませんが、グーグル検索をすると「つまらない」といった批判的ワードも上がっています。

今回は「現実主義勇者の王国再建記がつまらない気持ち悪い・面白いの理由!評価感想や評判まとめ!」と題して、つまらない気持ち悪いと言われる理由について解説していきます。

また面白いという口コミ評価も併せて、マンガ・アニメの評判をまとめてみました。

スポンサーリンク

現実主義勇者の王国再建記がつまらないの理由

簡単に現実主義勇者の王国再建記のあらすじをお伝えします。

唯一の身内だった祖父を亡くした相馬一也という青年が、ある日突然、中世ヨーロッパのような異世界に勇者として召喚されてしまいます。
ところが、持ち前の合理的精神と現代知識から、傾いていた王国の財政政治体制を立て直していきます。

早速、現実主義勇者の王国再建記が「つまらない」「気持ち悪い」と言われる理由を見ていきたいと思います。

理由①平坦な物語で面白くない

理由②語調が突然変わり気持ち悪い

「気持ち悪い」と言われている理由として、語調に対する違和感を感じるという意見が多数でした。

主人公の人物像がぶれすぎているという意見もありました。

そのせいか、物語ではAさんへの言葉、同じ立場のBさんへの言葉の語調が場面場面で違っていて、

読者や視聴者は見ていて気持ち悪く感じてしまうようです。

意図的にそうしたのか、意図せずそうなってしまったのかは現時点では分かりません。

こういったところで読者が気になってしまうと、思うようにストーリーに集中できなかったりしますよね。

急に視点が切り変わるのであれば一度文を終えて、わかりやすく書いてほしいというリクエストもありました。

また、君主論の引用が違和感を感じる方もいるようで、すこし引用がしつこく感じてしまうのかもしれません。

表現については複数の方が同じように感じているということは共通の原因がありそうですね。

理由③主人公が異常に褒められる設定

異世界の人気作品は主人公が苦労したりする場面も多々あります。

しかし、現実主義勇者の王国再建記の作品はとにかく主人公が商業、土木、軍事等ありとあらゆる分野で知識を発揮して、その知識を元にした行動がことごとく成功します。

そして周りが褒めたたえます。

「現実的ですね」とタイトル回収して褒めたたえた時は吐き気をもよおした。

という意見もありました。

主人公が経験がないのに知識だけで成功してしまうことに不快を感じる方も多いようですね。
 
ただ日本で得た知識を異世界で使うことで成功してしまうことに、表題の「現実主義」がとても浅く感じてしまうという意見もありました。
 
タイトルはとても大事なので、最初から最後までタイトル通り、苦難なく成功してしまう主人公を見ていると不快になる方もいるかもしれません。

理由④挿絵が下手

挿絵について素人以下で読む気がしないといったコメントも複数ありました。

挿絵だからいいのではというと、そうでもないようですね。

「小説を買ったのだから挿絵は関係ないのでは?」と思われる方がいるかもしれませんが、そういうことではないようです。

読んでいて徐々に気分が盛り上がっていたとき、ページをめくって素人の絵カットがあると気分が落ちてしまうのも分かる気がします。

購入している読者からすると、一気に読む気が失せてしまうようです。

現実主義勇者の王国再建記が面白い理由

次に、現実主義勇者の王国再建記が「面白い」という評価もあるので、どんな理由なのかを見ていきたいと思います。

理由①ライトノベルでサクッと読みやすい内容

現実主義勇者の王国再建記」はライトノベルの中でも非常に面白い、サクッと読みやすい内容として高評価の意見が多いです。

内容的にはスルスル読める感じの読みやすさです。

途中ダレそうなところをバッサリとした表現で読み切れるところは、プラスな意見です。

とはいえ、内容としても読みごたえが無いわけではなく、非常に面白く、全体としてはしっかりと読み応えがある物語です。

気楽に読みたい方にはおすすめすね!

理由②現実要素が共感しやすい

現実にある要素が取り込まれている事で、読者が共感しやすいというコメントが多数ありました。

想像のしやすさがあると読んでる側も楽しくなりますよね。

また、作中で主人公自身の故郷をおもう描写がありますが、実際にこの世界線があるのではないかと思えるような感覚になる方もいるようです。

「異次元の世界が自分も行けるのでは!?」と思えると、読んでいて楽しくなりますね。

また、経済を回すことの大切さと会社経営の基本的なことを異世界という解釈で、わかりやすく表現しているので、学生にとっても勉強になるというコメントもありました!

理由③:リアルな歴史名称や勉強要素もあり!

君主論や日本・世界史などを背景に起こりうる未来をそこから推測し行動に移す主人公が、受験生にも刺激になるようです。

しかも全体的にセンター試験の現代文のような作りです。

内容が面白く且つ勉強にもなるのであれば一石二鳥の作品としておすすめですよね!

まとめ

以上、「現実主義勇者の王国再建記がつまらない気持ち悪い・面白いの理由!評価感想や評判まとめ!」と題してまとめてみました。

賛否両論のさまざまな評価感想はありますが、冬アニメ2部の放送するということは、人気作品である証拠ですね!

放送までに1期を見直しておくと、より楽しめると思いますのでお勧めです!

タイトルとURLをコピーしました