吸血鬼すぐ死ぬは面白い・つまらない?評価感想や評判まとめ!

アニメ
スポンサーリンク

2021年秋アニメが決定となりました「吸血鬼すぐ死ぬ」」ですが、面白い?面白くない?など評価感想が気になります。

今回は「吸血鬼すぐ死ぬは面白い・つまらない?評価感想や評判まとめ!」と題して、吸血鬼すぐ死ぬの評価感想についてまとめてみました。

アニメ化に対しても非常に期待されている「吸血鬼すぐ死ぬ」ですが、読者の声を詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

吸血鬼すぐ死ぬ・面白い理由は?

「吸血鬼すぐ死ぬ」は週刊少年チャンピオンで連載中のマンガが原作となっています。

史上最弱の吸血鬼・ドラルクと吸血鬼退治人・ロナルドが新横浜で同居生活を送るというギャグ漫画作品です。

「吸血鬼すぐ死ぬ」というタイトルが「??」どんな話って思いますよね。

実際に「吸血鬼すぐ死ぬ」の漫画をみておもしろいと思った方の声をみてみたところ、以下理由があげられています。

理由①テンポがよい

面白いと言われる理由の一つ、テンポが良いという感想が圧倒的に多いようです。

ボケ・ツッコミ・死という流れるアップテンポが読者を惹き込まれ、ページをめくる手が止まらないという方がたくさんいるようです。

読者を全く飽きさせず、1コマごとにギャグがもられてます。

そして、主人公のドラルクとロナルドの掛け合いが漫才ともいえる正統派しゃべくりです。

タイトル通り「死」が常にありますが、多様な死に方でこれまた飽きないんです。

もちろん笑えます。

ファンタジーとリアルのギリギリを攻めている感じで、1話1話がついニヤッとしてしまう笑いある内容となっています。

こちらがPV動画です。

このハイテンポな掛け合い、漫画でも面白いのに、アニメ化となったら更に面白く映し出させるのではないでしょうか。

理由②とにかく笑える

飲み物をもちながら読むのは危険!というほど、勢いと緩急で笑わせてくれます。

ギャグがあって、すぐ次のコマでまた別のギャグがあるという、畳みかけるように笑わせてくれます。

上述したとおり、テンポの早い漫才漫画のような中、さらにギャグの連発でものすごく楽しいです。

読者もただただ「面白い」「笑える」「飽きない」といったコメントが多く、書店員さんからのラブコールも非常に高かった作品のようです。

ネットの無料試し読みで、はまってしまって単行本を一気買いする人も多いほど、純粋に楽しいし、素直に笑えます。

一話ずつ読むだけでもOK、一気読みもOKと両方いける作品です!

理由③キャラクターが魅力的

登場するキャラクターもが皆癖があって魅力があります!

メインのキャラクターはもちろん、それ以上にサブキャラクターたちの個性が強めです。

そして、キャラクターも作中では色々と嫌味な場面もあるけれど、結局はみんな良い人というのも特徴です。

笑える中に人情味もあって楽しめる作品です。

話がすすむたびに、個性的なキャラクターが次々と登場するので、読者にとっても飽きがなく、はまる理由の1つでもあるようです。

吸血鬼すぐ死ぬ・つまらないし面白くない?

吸血鬼すぐ死ぬを読んで「つまらない」「面白くない」という読者もいます。

一体どんな理由なのか早速見ていきたいと思います。

理由①ギャグが笑えない

吸血鬼すぐ死ぬの高評価なコメントを見て、買われた方が、期待に添わなかったコメントもありました。

自分の笑いのツボとは違かったパターンですね。

人それぞれ感覚が違うので、仕方ないですが、笑いの感覚が合わなかった方は、「笑えない」という理由で低評価なコメントを投稿しているようです。

合う合わないはありますが、注目されていることには間違い有りませんね!

理由②話が簡易的すぎる

高評価なだけに、ストーリーに期待する人も多いですが、「吸血鬼すぐ死ぬ」はどちらかというと頭を使わずに読めてしまう作品です。

ですので、ストーリーにビックリや意外性を入れて欲しかったという意見もあるようです。

気軽に読める点はいいと思いますが、言葉選びや展開が少し低年齢層向きと思ってしまう方も中にはいるようです。
 
あくまでギャグ漫画ですので、作者の笑いのセンスにハマるかどうかが鍵となるようです。評価感想まとめ!

まとめ

以上、「吸血鬼すぐ死ぬは面白い・つまらない?評価感想や評判まとめ!」と題してまとめてみました。

2021年秋アニメの中でも「吸血鬼すぐ死ぬ」はとても注目されている作品です。

漫画では賛否両論の声があがっていますが、アニメ化されてからの評価評判も気になるところです。

「吸血鬼すぐ死ぬ」が2021年秋アニメとなり、さらに話題となる可能性が高いですね!

漫画とちがってアニメ化だとどうなるのか、非常に楽しみですね!

 

タイトルとURLをコピーしました