異世界食堂の店主は結婚してる?正体や名言について解説まとめ

異世界食堂<アニメ>
スポンサーリンク

平日は普通の食堂、土曜日だけは扉が異世界につながる不思議な店「洋食のねこや」が舞台の異世界食堂!

今回は「洋食のねこや」の店主の正体や漫画・アニメの名言集をまとめてみました。

また、店主は結婚しているのか?についてネットで質問が多かったので、店主は結婚しているかについて詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

異世界食堂の店主は結婚してる?

食堂「洋食のねこや」2代目店主は、独身です!

年齢は30代半ばの男性で、先代店主であった亡き祖父から、店と土曜日の「特別営業」を受け継いでいます。

どうやら彼女はいたようです(ロールキャベツ参照)

描写を見る限りではすでに亡くなっている可能性が高いです(豚まん参照)。

以下、「豚まん」の内容について簡単にまとめます。

中華料理屋「笑龍」はねこやと並ぶ歴史ある古参のお店です。

笑龍は戦後すぐに開き、60年を超える老舗で、ねこやの秘密は先代(現在2代目)から知っていて、笑龍2代目店主とその奥さん春子も知っています。

ねこやの店主は学生時代「笑龍」で修行を積んでおり、その間に中華料理を覚えています。

本来は『異世界食堂』の二代目店主ではなく、中華料理専門店『笑龍』の三代目になっていたはずでしたが、ある事件が起きたことで、「笑龍」の三代目になりませんでした。

最後に「店長の脳裏には、一人の寂しがり屋の少女が居た。」で完となります。

おそらく、この「少女」こそが当時の恋人でなくなってしまった?と考察できますが、事実関係ははっきりしません。

きっと、この事件があってから、店主も深く心がきずつき、一生独身であることを貫いているのかもしれませんね。

異世界食堂の店主の正体は?

独身である店主ですが、店主の正体について、さらに見ていきたいと思います。

異世界食堂の店主の性格

店主の性格は真面目で面倒見の良い人柄です。

利益を出すことよりも客に旨い料理を提供することに重きをおく料理に対して熱いハートを持っています。

また、客同士の喧嘩がヒートアップして暴力沙汰になりそうだった時も、「揉め事を起こすような人物には料理は作らない」とキッパリ言い切って争いを止めるという、肝がすわった冷静沈着な性格です。

上述に書いたとおり、大学時代に女性との交際経験はあったが、色々なことが有り、今も深いキズを追っていることで将来結婚する気は無いらしい(ねこやは料理人志望の姪が三代目として継ぐ予定)。

異世界食堂の店主の経験

高校時代に中華料理屋(上述の「笑龍」)、大学時代には喫茶店のキッチンなど、様々な料理屋でのバイト経験を積んでいて、料理のジャンルやレパートリーは豊富です。

異世界食堂の店主の祖父

店主の祖父(得意は洋食)が師匠でありますが、祖父と違って店主はクレープやパフェ・デザートも作る事が多いです。

ただ、ねこやと同じビルに併設されている1階の洋菓子店「フライング・パピー」からケーキは取り寄せています。

異世界食堂の店主の祖母

店主の祖母は異世界での実力者でした。

店主自身は地球側の人間(戦闘力はゼロ)であるため、剣や魔法について祖母は教えていない様です。

しかし、祖母の影響で学生時代から特別営業には慣れており、武装した人間、亜人や魔物も「お客様」として応対することに違和感を持っていません。

異世界食堂の店主の名言

店主の名言について、話ごとにまとめてみました。

1話 ビーフシチュー、モーニング

「お客さん達、ちょっと騒がしすぎやしませんかね。この店での暴力沙汰はゴメンだ。これ以上続けるんなら、二度と料理は作りませんぜ」(店主)

「そんだけ旨そうに食べてもらえれば、料理人冥利に尽きるな」(店主)

11話 カルパッチョ、カレーパン

「やっぱり、カレーパンは揚げたてに限るな」(店主)

12話 とん汁、コロッケ

「みな、あれだけ喜んで食ってくれたんだったら、たまにぐらいはいいだろ」(店主)

以上、店主の名言まとめでした。

やはり、どれも料理人たる名言ですね!

一度でいいから店主の「ねこや」に行って、食べてみたいものです!

まとめ

以上、「異世界食堂の店主は結婚してる?正体や名言について解説まとめ」と題してまとめてみました。

店主についてほりさげていくと、意外と知らないことが多かったのではないでしょうか。

店主の人柄を知った上で、異世界食堂を改めて読むと面白さが違うのでおすすめです!

https://aromaharb.com/2021/07/20/isekaishokudo/

https://aromaharb.com/2021/07/21/isekaishokudo1/

https://aromaharb.com/2021/07/24/isekai3/

タイトルとURLをコピーしました