アオアシ・阿久津はいい奴で好き?身長やかっこいい名言集まとめ!

アオアシ
スポンサーリンク

日本サッカー界とも多くのコラボレーションを続ける「いまもっともアツいサッカー漫画」として知られている『アオアシ』。

2022年4月にはついにTVアニメ放送開始予定(NHKEテレ)で、さらに注目されています! 

アオアシの登場人物は、それぞれ皆個性が強く、魅力あるキャラクターが多いです。

そこで今回は「アオアシ・阿久津はいい奴で好き?身長やかっこいい名言集まとめ!」と題して、主役のアシトと絡む場面の多い阿久津というキャラクターについて解説していきます。

スポンサーリンク

アオアシ阿久津の身長など基本情報

アオアシの阿久津は主人公のアシトに対して、とにかく嫌がらせをしてきます。

ですので、グーグルで調べると「阿久津 嫌い」「阿久津 クズ」など批判的な声があがっているキャラクターです。

しかし、阿久津のひねくれた性格は幼い頃に受けた親からのネグレクトが影響していると思われます。

そうした過去やサッカーに対する阿久津の情熱を知れば知るほど、徐々に阿久津の魅力を感じていきます。

まずは阿久津についてまとめてみました。

阿久津渚について

本名は阿久津渚(あくつなぎさ)で、ポジションはFW/DFです。

優等生が多いユース「東京シティ・エスペリオンユース」に入団後、1年でAチームに昇格する程の実力です。

長身の坊主頭で見た目は強面です。

見た目の怖さと比例して、性格も凶悪です。

とにかくアシトに暴言を吐き続ける凶悪な印象が根付いています。

阿久津の身長やプロフィール

阿久津渚の身長は公表されていません。

しかし、推測でありますが、おそらく180cmくらいと予測します。

その理由は阿久津が唯一仲良くしている栗林 晴久(くりばやし はるひさ)が178cmの身長で、栗林より阿久津の方が少し高いからです。

サッカー選手の平均身長は178cmのようですが、阿久津は平均以上ですのでチームの中でも身長が高い選手と思われます。

阿久津渚のプロフィールは以下の通りです。

名前:阿久津渚(あくつ なぎさ)
身長:非公開
ポジション:DF
背番号:4
所属:東京シティ・エスペリオンユース
学年:2年(キャプテン)
強靭なフィジカルの持ち主で、その性格と直結した強気の姿勢がサッカーにいきています。
 
守備も攻撃力どちらも高度な技術を併せ持ち、エスペリオンユースでも栗林に次ぐ有望株の一人とされています。

アオアシ阿久津はいい奴で好き?好きな読者が多い理由

阿久津はとにかく主役であるアシトが大嫌いです。

主役と反するキャラクターであれば嫌われ者が多いですが、阿久津のことが好きな読者ファンは非常に多いようです。

サッカーに対する執念

阿久津の尖った性格や、アシトに対する嫌がらせ以上に、阿久津が好かれる最大の理由は阿久津のサッカーに対する執念です。

「サッカーしか自分の道がなかった」と言える選手だからです。

阿久津には

発言が正論

そして2つ目の理由として、アシトへ暴言を吐きますが言っている内容がすべて正しいからです。

言い方は非常にきつい言い方ですが、内容は正しいことを言っています。

作中では、阿久津に言われた一言でアシトの闘争心に火をつけて、アシトが前向きな意識に変わるといった描写もあります。

リーダー就任後の阿久津

アシトへの嫌がらせが目立つ尖った阿久津の性格が、20巻を過ぎてから徐々に変化が現れます。

その大きな要因は、U-18日本代表に初選出されたことがきっかけです。

阿久津が控えにいたころ、どうしたら自分を使ってもらえるのか焦りを感じていました。

それが裏目にでて、これまでの強気な阿久津の姿がなくなっていき、このままでは阿久津の良さが消えていくように感じる姿でした。

しかし、当時キャプテンであった義経が、そんな弱気の阿久津に一喝します。

それを機に阿久津はアシトへの嫌がらせもなくなり、少しずつ変わっていきました。

その後、阿久津は新キャプテンとして就任します。

自分が任されたリーダーとしての自覚をもち、新1年生にアドバイスするなど、これまでの阿久津には考えられないほど良きキャプテンの印象にかわっていきます。

もともとコミュニケーションを取ろうとしない一匹狼の阿久津でしたが、チームについて考えるようになり、不慣れながら後輩への指導も進んで行っていく姿に、阿久津ファンが急増しています。

阿久津のサッカーへの思いや不器用な性格を見ているからこそ、阿久津に対する好感度が一気にあがっていきます。

アオアシ阿久津の身長やかっこいい名言集

上述したとおり、阿久津の発言は暴言と受け止められがちですが、言っていることは正論です。

そこで、阿久津のこれまでの発言名言集をご紹介します。

悪い言葉が目立つ阿久津ですが、名言も言っています!

それがこちらです。

名言①「お前以外誰がやるんだ?」

久々のスタメンが決まったアシトが、俺に出来ると思いますか?に対して、

「お前以外誰がやるんだ?」

短い会話ですが重みは十分にアシトへ伝わっています。

阿久津ならではの重厚感のある一言ですね。

名言②「負けて得られるものがあるなんて・・・」

阿久津の名言2つ目はこちらです。

試合前に円陣を組んでいる時に発言しています。

「負けて得られるものがあるなんて言う奴がいるが、そんなのはねぇ。全部言い訳だ。勝つことで俺は前に進む。テメェらもそうしろ。行くぞオラァ!!」

聞いてて鳥肌立つレベルのカッコ良すです!

阿久津はキャプテンに就任してから、チームを引っ張っていく意識が高まり、これまでの阿久津と少しずつ変わっていきました。

だからこし、発言1つ1つに重みを感じるのかもしれません。

このチームの失点は、俺の失点だ。このまま終われるかぁ

こちらは阿久津の隠れた名言といわれています。

どんな状況であったかというと、船橋学院高校戦でアシトが退場となってしまう事態に。

敵の選手が想像以上のプレーで逆転ゴールを決めたことで、アシトは焦り、完全にアシトのせいで失点となった場面でした。

さらに、アシトの焦りは続きハンドでPKを与えた上で退場するという結果になります。

誰もがアシトを責めたくなる場面です。

そんな状況の中、阿久津が発したセリフです。

「このチームの失点は、俺の失点だ。このまま終われるかぁ」

これまでアシトに対して暴言を履き続けてきた阿久津ですが、この時ばかりは大人な発言です。

一人焦ってチームを追い込み、散々な結果にさせたアシトに対して、しかも大嫌いなアシトが起こした状況なのに。

阿久津の本来の気持ちならば、暴言どころか怒りがおさまらないはずですが、リーダーの責任感と肝を据えた覚悟で出たセリフだなと思います。

阿久津の人としての成長が素晴らしくでている名言ですね。

福田監督の名言

また、阿久津の実力を見抜きサッカー界に引っ張り上げてくれた福田監督に対して、阿久津は大変な恩義を感じています。

そんな福田監督が阿久津に対して言い放った名言がこちらです。

あがいていれば、どこかで見ていてくれる人がいる。

名指導者として阿久津の強さを評価していた福田監督、さすがですね。

まとめ

以上「アオアシ・阿久津はいい奴で好き?身長やかっこいい名言集まとめ!」と題してまとめてみました。

アオアシの漫画はすでに累計900万部を突破で、ついにアニメ化も決定しています。

まだ原作を読んでいない方、「アオアシ」の原作漫画を読みたい方は、Ameba漫画をおすすめします。

数ある電子書籍の中でも最もお得なクーポンが発行されますので、最大限利用してみてください!

以下に詳細記載しています。

アオアシの漫画を安く買う・無料で読む方法!全巻最安値のおすすめサイトまとめ!

タイトルとURLをコピーしました