アオアシ栗林晴久の名言は?能力性格やモデルについてまとめ!

アオアシ
スポンサーリンク

日本サッカー界とも多くのコラボレーションを続ける「いまもっともアツいサッカー漫画」として知られている『アオアシ』。

2022年4月にはついにTVアニメ放送開始予定(NHKEテレ)で、さらに注目されています! 

アオアシの登場人物は、それぞれ皆個性が強く、魅力あるキャラクターが多いです。

そこで今回は「アオアシ栗林晴久の名言は?能力性格やモデルについてまとめ!」と題して、登場キャラクターの中でも人気の高い栗林について解説していきます。

スポンサーリンク

アオアシ・栗林晴久の名言について

栗林晴久はアオアシで心に残るかっこいい名言を残している一人です。

早速、栗林の名言を見てみましょう!

アオアシの栗林晴久の名言がこちら

名言①一番面白いのは…」

栗林が初登場した6巻で、アシトの試合を見て発言したセリフです。

「一番面白いのは、本人に能力の自覚がないってところだ。」

周囲のプレーをみて褒めるなんてことはしない栗林が、アシトのプレーを初めて見て言い放った言葉で、注目されている名言の1つです。

栗林が言葉にするほど、アシトのサッカープレーが光っていたという証拠でもあります。

栗林はアシトのような天才的なプレーをする選手に興味津々。

その後、アシトと栗林が一緒にプレーするときには、栗林からアシトに声がけしたり、周囲から見てもアシトを好いていることがよくわかります。

名言②「二人でよく話したよな…」

寮で唯一気が合うとされている栗林と阿久津の会話で出たセリフです。

「二人でよく話したよな。福田さんの野望を叶えるのに、サイドバックが穴だって。」

東京シティ・エスペリオンFCの監督をつとめている福田達也は、アシトがサイドバックのポジションに向いていると考えていました。

アシトの試合を初めて見たときから、栗林も福田監督同様にアシトがサイドバックに適任であることを見抜いていました。

阿久津と栗林のコンビはファンが多いと思います。

サイドバックの救世主が見つかったことで、2人の気持ちが高鳴る感じが伝わってきます!

名言③「お前ならできるよな。」

アシトがAチームに昇格することが決まったときに、栗林がアシトに言い放ったセリフです。

「お前ならできるよな。」

アシトの天才的素質を最初から見抜いていた栗林は、アシトへのプレーに信頼感を持っているといった厚みのあるセリフですよね。

その後も、栗林はアシトとは積極的にコミュニケーションを取ろうとしていきます。

アシトにとっては栗林から認められた瞬間でもあったので、名シーンとされています。

名言④その他

栗林のセリフはどれも魅力的で名言がたくさん出てきます。

紹介した上記名言以外にも、以下のセリフも深く重みがあります。

「いかなる局面でも、どれを選んでも正答となる4つの選択肢を持ち、ひとつを選ぶ」

「フィジカルという言葉は、テクニックのない人間の言い訳だと思っている」

「コンプリートしてる選手、世界的にもいないんだぜ」

「今この瞬間、世界最高の選手って誰だ、青井? その時代その時代、世界中の誰にこの質問をしても、パッと思い浮かぶ選手っているだろ?」

「俺は、それが、俺でありたい」

栗林ファンが多いのも納得です!
 

アオアシ・栗林晴久の能力や性格

アオアシの中で「世界一のサッカー選手」を目指している栗林晴久について解説していきます。

栗林晴久のプロフィール

栗林晴久のプロフィールはこちらです。

名前:栗林晴久(くりばやしはるひさ)
身長:178cm
体重:66kg
ポジション:MF
出身:東京都
背番号:10(ユース)、41(トップチーム)
所属:東京シティ・エスペリオンユース
学年:2年(キャプテン)

栗林晴久は、エスペリオンに小学校三年生の頃から所属しています。

「エスペリオンユースの最高傑作・至宝」と言われており、新2年生にしてエスペリオンのトップチームに招集される稀代の天才MFとして活躍しています。

栗林晴久の性格

栗林晴久の性格は非常に穏やかです。

サッカーへの向上心に関しては、周囲とは比較にならないレベルですが、マイペースな雰囲気を放っています。

アオアシメンバーの尖った性格の阿久津が唯一栗林と仲良くしています。

エスペリオンユースの中で一目置かれる存在であるのに気取らない性格の栗林に、阿久津も魅力を感じているのでしょう。

選手としての実力も人としても掴みどころがなく超然としている栗林ですが、唯一欠点があります。

それは、常人とは会話が成り立たないことが時たまあることです。

性格も穏やかで誰とでも上手くやっていけるタイプですが、天才的過ぎるため、同レベルの天才的な才能を持つ相手でないと意思疎通が難しいようです。

決して嫌味ではなく、自然とそうなってしまうようですね。

天才あるあるなのかもしれません。

栗林晴久のファンが多い理由

上述の通り、栗林はサッカーの実力・人望どちらも超越しています。

読者からも栗林ファンは非常に多く、栗林が活躍する場面になると、待ってましたといわんばかりに興奮してしまうファンが多いので、読者のコメントを見てみたいと思います。

ご紹介したコメントはほんの一部ですが、アオアシのキャラクターの中でも栗林ファンは圧倒的に多いです。

栗林が好きな理由はズバリ

天才的な才能

掴みどころのない性格

漫画の世界とはいえ、栗林晴久に生まれ変わったらなりたいと思える人もいるなんて、最高に魅力あるキャラクターですよね!

栗林晴久の今後の活躍も注目ですね!

アオアシ・栗林晴久のモデルは誰?

エスペリオンユースの至宝と呼ばれ存在で、栗林のモデルとなったサッカー選手やポジションにも注目が集まっています。

モデルは一人とは限らず、メインモデルや後付で使われたモデルなど、色々な説があるようですので解説していきたいと思います!

栗林のモデルとなった選手は一体誰なのでしょうか。

栗林晴久のメインモデル:比嘉厚平選手

栗林のメインモデルは比嘉厚平選手(2016年に現役を引退)といわれています。

その理由として、作者の小林先生が以下の通り答えています。

※現在、以下記事のブログは削除されています。

・この比嘉選手の話は、アオアシの中でふんだんに生きています。栗林の描写です。
・「比嘉にボールを集めたら何とかしてくれる」存在
引用:小林先生HP

元Jリーガーの比嘉厚平選手が栗林と共通している点として、2008年(高校三年生)にトップチームとユース2つ登録しています。

これは栗林と同じスタイルです。

そして、柏レイソルユースで大きな活躍を披露し実績を残してきました。

柏レイソルユース時代は、上述の小林先生HPにも記載とおり「比嘉にボールを集めたら何とかしてくれる」存在でした。

これは栗林の存在と同じですね!

しかし、比嘉厚平選手は2008年の対中国戦で膝に大きな怪我で両足を負傷してしまい、その後は活躍ができず、2016年に引退するという結果になります。

栗林晴久の後付モデル:ジダン選手

栗林の後付モデルとして、フランスで活躍していたジダン選手とされています。

その理由として、作者の小林先生と将棋の広瀬先生が対談記事で、以下の通り小林先生が答えていました。

※現在、以下記事のブログは削除されています。閲覧不可

あの栗林の「ボールどころか身体にも触れられない」っていうシーンは、フランスのエースだったジダンのプレイ動画を見て描いたものです。

引用:小林先生対談記事

栗林の華麗なるボールタッチの実技は、フランスのエースとして活躍していたジダン選手がモデルになっていると答えています。

ジダンのプレー動画がこちらです。

 

漫画だとリアルな技が想像しにくいですが、実際に栗林はこんなことをしていたんですね!
 

まとめ

以上「アオアシ栗林晴久の名言は?能力性格やモデルについてまとめ!」と題してまとめてみました。

アオアシの漫画はすでに累計900万部を突破で、ついにアニメ化も決定しています。

まだ原作を読んでいない方、「アオアシ」の原作漫画を読みたい方は、Ameba漫画をおすすめします。

数ある電子書籍の中でも最もお得なクーポンが発行されますので、最大限利用してみてください!

以下に詳細記載しています。

アオアシの漫画を安く買う・無料で読む方法!全巻最安値のおすすめサイトまとめ!

タイトルとURLをコピーしました