よふかしのうたがつまらない理由は?面白くない・ハマらない原因や感想まとめ

よふかしのうた
スポンサーリンク

小学館「週刊少年サンデー」連載中のコミックス「よふかしのうた」が非常に人気です。

2022年夏にはアニメ化が決定し、2022年7月からフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送されます。

高評価の口コミが殺到するなか、批判的な声もちらほらあるようです。

そこで今回は「よふかしのうたがつまらない理由は?面白くない・ハマらない原因や感想まとめ」と題して、つまらないという読者の感想も交えて、「つまらないと言われる理由」をまとめてみました。

スポンサーリンク

よふかしのうたの内容がつまらない

結論だけ先にお伝えすると、よふかしのうたの内容が”面白くない”と感じている人は少数派です。

ネットで「とてもおもしろい」と騒がれていますが、話題となり注目されているからこそ、批判的な意見もあるのは仕方ないことです。

実際に読んでみると、主人公のコウのような、とても辛いわけではないけれどなんか不自由で上手くいかないモヤモヤした感情は共感できるなと感じました。

個人的な感想となりますが。、そんな共感できる主人公の重い心が、ナズナとの関係で軽くなっていく作品のように思えます。

ナズナの行動に振り回されつつも、コウが前向きに進んでいく、ほのぼのとドキドキのバランスが絶妙です。

また、一日の最後「夜」をもっと満喫したいなという気持ちになる漫画です。

よふかしのうたの原作漫画が面白くない・ハマらない理由

あらためて「よふかしのうた」がつまらない・面白くない・ハマらないと言われた理由について解説していきます。

前作「だがしかし」と比較してしまう

つまらない意見として次二多かったのが「前作と比較すると面白くない」でした。

よふかしのうたの作者・コトヤマ氏の前作は「だがしかし」という作品です。

「だがしかし」は面白く読めたし、キャラクターもとても魅力的で、話のテンポもよかったのですが、「よふかしのうた」は今のところ面白くありません。

という意見でした。

前作が良かった作者だから買ったという人は、上述のような意見が多いように見受けられます。

テンポが悪い

ストーリーは吸血鬼・夜といったキーワードを出しておきながら、ゆったり、ふんわりとした時間が流れていく。

その感覚自体は新しいが読者は物足りなさ、退屈さを感じるようです。

おそらくタイトルやあらすじ、絵のタッチをみて想像するものと違った方に多く見られる感想に思えます。

確かに吸血鬼と夜というキーワードで連想するならば、スリルやテンポの速さに期待してしまうかもしれません。

また、主人公が病的な中学2年生で、その主人公が自分なりの世界観で語り進める内容となっています。

そういったところは、大人からすればクドクド面倒くさいといった感じに映るのかなと感じました。めんどくさい。

期待が高すぎた

つまらないと言われた理由の1つとして「期待が高すぎた」です。

よふかしのうたの感想レビューがとても高評価だからこそ、ハードルが高くなっている可能性はあります。

ですので、実際にはそこそこ面白いと感じる作品であったかもしれないのに、期待度が高すぎたゆえ、つまらないという結果に至ってしまった。

「高評価につられて読んでみましたが、面白くなかった」

よくあるパターンです。

以下のようなコメントもありました。

 

・異様に高評価なのが謎すぎる

 

・評価がめちゃくちゃ高かったので期待しすぎたのかもしれませんが、私にはそこまでの面白さがわかりませんでした。最後まで読むのがしんどかったです。

 

・なぜ高評価なのか分からない…クスッともしないし、全く惹かれなかった。

 

レビューが高いとついつい期待しすぎてしまいがちです。

物語の方向性がわからない

主人公は中学2年生の男子です。

登校拒否になり、悩みを抱えたコウが吸血鬼と出会い夜の世界で楽しみをみつけるのですが、ラブストーリーまではいきません。

確かに吸血鬼に恋をするという設定も含みますが、大恋愛ものではありません。

とはいえ、コメディ要素が高いわけでもありませんが、ギャグも含まれていたりします。

夜の世界&吸血鬼という中でサスペンス要素があるかといっても、ソワソワするシリアスな展開は少ないです。

そういったどちらでもないジャンル分類しにくい漫画であることで、評価が低くされているようです。

この漫画を読んで読者が「泣きたい」「笑いたい」「推理しながら読みたい」といった最初から期待して読みたい方にとっては物足りなさを感じる作品として映るようですね。

よふかしのうたは面白い!

上述のとおり、よふかしのうたが「つまらない」「面白くない」「ハマらない」理由を挙げさせていただきました。

次に「よふかしのうた」が好きという意見もご紹介していきます。

主人公が好き

「よふかしのうた」が好きの理由の1つ目に主人公が好きという意見がありました。

コウとナズナの2人の絡みがとても良いという感想も多いです。

懐かしさを感じる心地よさ

「よふかしのうた」を好きという読者の理由に「懐かしさを覚える」という意見も多かったです。

小・中学生の頃に「夜を徘徊したい」という気持ちになった経験をされた方も多いのではないでしょうか。

以下は2人の『よふかしのうた』4巻の発売を記念して、 コウとナズナが日本全国をよふかしデートするというスペシャルPVです。

夜の雰囲気がと現実から逃げるコウ達を見て、子供の頃に思い描いてたような懐かしさを感じます。

夏の匂いや誰もが経験する夜への憧れを物語っているようなPVですね。

「よふかし」に共感できる

「よふかしのうた」タイトル通り、よふかしを徘徊して夜を楽しむという吸血鬼と共に、主人公のコウがは、毎夜親にナイショで夜の街を徘徊しています。

コウが「よふかし」に対してワクワクドキドキとする気持ちに共感できるという意見も多いようです。

読者自身が初めて夜外出したときの気持ち、未知の世界に触れるドキドキ感、大人になった感じがする高揚感などを思い出しながら共感できる作品です。

中学生となると、親よりも自分の意見で行動するようになって、親につい反抗したくなる年頃です。

「よふかし」という言葉も惹かれますよね。

ナズナとコウの関係性が魅力的

「よふかしのうた」が魅力を感じる理由としては、ナズナとコウの関係性が魅力的であることも理由の1つです。

2人は徐々に距離を縮めていきますが、カラオケに行ったり、公園で喋ったり、ゲームをしてみたり仲の良い友だちの掛け合いが見られます。

その二人の会話や展開が楽しみと感じる読者が多いようです。

吸血鬼という設定が面白い

よふかしのうたは吸血鬼7人が登場します。

どの吸血鬼も美少女で魅力的ですが、それぞれ悩みを抱えています。

吸血鬼とはいえ、人間と同じで悩みもあれば感情もあります。

吸血鬼と聞いてシリアスで血の場面が多そうに感じますが、なぜか寄り添いたくなる魅力ある吸血鬼がたくさん登場するのも面白いと感じる理由の1つです。

それぞれの吸血鬼に様々な過去があり、今があります。

生活にも制限があり、吸血鬼ならではのルールが設けられています。

無敵な吸血鬼ですが、弱点やデメリットもあったりで、その辺りも知れば知るほど楽しさが増す作品です。

キャラクターにも共感できる部分が多く、吸血鬼ファンも急増中です。

キャラクターの悩みに共感

「よふかしのうた」に登場するキャラクターはほとんどが闇を抱えています。

読者は誰かしらの悩みに共感できるので、そこも魅力の1つとなっています。

共感するという部分になると思われますが、登場するキャラは何かしらの闇を抱えています。

物語では、吸血鬼たちが自分の悩みを主人公コウに打ち明け、正直に話だします。

中学2年生のコウには話しやすいのかもしれません。

そして、コウも聞き上手なんです!

そんなことから、少しずつ自分の影と向き合っていく物語です。

共感し感情移入できる作品は、読者としてもハマるケースが多いように感じます。

主題歌:Creepy Nuts「よふかしのうた」

アニメの主題歌はCreepy Nutsの楽曲『よふかしのうた』です。

本作のタイトル『よふかしのうた』は、そもそもCreepy Nutsの楽曲『よふかしのうた』が元となっているそうです。

また、主題歌だけでなく「よふかしのうた」の楽曲提供もCreepy Nutsがしているそうです。

Creepy Nutsは2017年 Sony Musicよりメジャーデビューしていて、日本三連覇のラッパー“R-指定”と、世界一の DJ“DJ 松永”による、HIP HOP ユニットです。

どうやら作者のコトヤマ氏がCreepy Nutsのファンだったようですね。

コトヤマ氏は今回の主題歌&楽曲提供がCreepy Nutsに決まったことに対して、感無量とインタビューで答えています。

よふかしのうた、というタイトルがそもそも Creepy Nuts さんの楽曲からお借りしたものであり、さらに主題歌、楽曲提供もしていただけて感無量でございます。

引用:ファミ通.com

キャストも超豪華

キャストも豪華です。

  • 主人公・夜守コウ役:佐藤元
  • 七草ナズナ役:雨宮天
  • 監督:板村智幸
  • チーフディレクター:宮西哲也
  • 脚本:横手美智子
  • キャラクターデザイン:佐川遥
  • アニメーション制作:ライデンフィルム

以上が担当となります。

監督は『ヴァニタスの手記』で監督を務めた板村智幸氏です。

チーフディレクターは『僕のヒーローアカデミア』絵コンテ・演出や『SK∞ エスケーエイト』演出などで活躍する宮西哲也氏。

そして、脚本は『ツルネ -風舞高校弓道部-』『天地創造デザイン部』を手掛けた横手美智子氏。

キャラクターデザインは『神在月のこども』『どうにかなる日々』の佐川 遥氏。

アニメーションは『東京リベンジャーズ』『はたらく細胞 BLACK』などを制作したライデンフィルムが担当と超豪華なメンバーが勢揃いです。

そのティザーPVはこちらです。

 “よふかし”のワクワク&ソワソワ感や、少年・コウと吸血鬼・ナズナのドキドキが見事に詰め込まれたティザーPVですよね。

アニメ化もどんな感じになるのか非常に楽しみです!

「よふかしのうた」をまだ読んでいない方は以下記事をおすすめします。

安く買えるお得な情報をまとめています。

「よふかしのうた」漫画・無料で読める電子書籍サイト

最後に、「よふかしのうた」漫画を無料で読める電子書籍サイトをご紹介していきます。

まずはお試し期間中に「無料で読める」キャンペーンを行っているのは以下4社です。

コミック.jp:3冊無料(30日の無料期間中)

FODプレミアム:2冊無料(14日の無料期間中)

U-NEXT:1冊無料(30日の無料期間中)

music.jp:1冊無料(30日の無料期間中)

 

この4つのサイトを最大限に活用することで、合計7冊無料で読むことが出来ます!

まずはお試しに呼んでみたい方、全巻購入まで踏み切れない方など、この無料お試しを利用してみることもおすすめです。

無料期間中に退会すれば、もちろん費用も発生しませんのでご安心ください。

コミック.jp

では30日間の無料期間中に1,350ポイントがもらえます。

このポイントを利用すれば漫画3冊を無料で読むことができます。

3冊も無料で読めるのは、コミック.jpだけです。

お試しに読みたいものがあれば、ぜひお試しください。

コミック.jp

FOD プレミアム

FODプレミアムはフジテレビが提供している動画配信サービスです。

人気のドラマ、バラエティ、アニメ、映画はもちろん、放送中の最新作など、動画配信のイメージですが、電子書籍も配信しています。

無料お試しの14日間に900ポイントがもらえるので、漫画2冊無料で読むことができます。

ここで1点注意が必要です、。

登録日によってポイント数が異なります。

フジテレビ系に強い8の付く日が最大ポイント数がもらえるので、8・18・28日に登録することをおすすめします。

・登録時:100P
・8日・18日・28日:各400P

他社に比べて無料期間が14日と短めです。

また、登録ポイントがつかないので、すぐに読みたい人にとってはもどかしいかもしれません。

ただ、解約後もポイントで購入した漫画は読めます!

期間関係なく読み返したい漫画があれば、FODプレミアムで2冊ゲットできるのでオススメです。

FODプレミアム

U-NEXT

U-NEXTは動画配信でお馴染みです。

こちらも実は漫画も配信しているので、無料期間中に動画も漫画も見たいという方にはおすすめです。

しかも無料期間が30日と長めです!

無料期間30日の間にお試しでもらえる600ポイント漫画1冊無料で読むことができます。

見逃し配信バナー

music.jp

music.jpでは無料期間30日の間に600ポイントがもらえますので、漫画1冊無料で読むことができます。

その他の特典として、動画視聴のポイントも1,000ポイントもらえます。

また30日間と期間も長い上、解約後もポイント購入した漫画を読むことができます。

残念ながら1冊ではありますが、上記4サイトを攻略すれば合計7冊読むことができるんです。

music.jp

まとめ

以上「よふかしのうたがつまらない理由は?面白くない・ハマらない原因や感想まとめ」と題してまとめてみました。

漫画に対する評価とアニメ化されてからの評価がどうかわっていくかも気になりますね!

“よふかし”の楽しさに魅了された中学2年生・夜守コウと、とにかく自由奔放な吸血鬼・七草ナズナが、 2人の物語がアニメ化されて映し出させる日が待ち遠しいです!

 

タイトルとURLをコピーしました