ワールドトリガーのヒュースのその後や遠征で裏切るか考察!置き去りにされた理由は?

ワールドトリガー<アニメ>
スポンサーリンク

「ワールドトリガー」のアフトクラトルの大規模侵攻編で、ヒュースが置き去りにされた理由についての記事を書いていきたいと思います。

迅はヒュースが置き去りにされることを予測しており、近界の軍事大国「アフトクラトル」もヒュースが置いてかれることは想定されていたようです。

そこで今回はヒュースのその後、置き去りにされた理由を解説していきたいと思います。

ワールドトリガーのヒュースのその後や遠征で裏切るか考察!置き去りにされた理由は?

※この記事にはネタバレがあります。

スポンサーリンク

ワールドトリガーのヒュースのその後

玄界に置き去りにされてしまったヒュースは、その後どうなるのか。

捕虜とは思えない扱いをされていた

玉狛お預かりの捕虜となったヒュースですが、捕虜とは思えないほど丁重に扱いを受けて過ごしていました。

玉狛では、林藤陽太郎やカピパラの雷神丸という面々と仲良くなり、木崎レイジや小南桐絵が作る美味しい料理を食べたりと、穏やかな毎日を過ごせていました。

味方に裏切られたヒュースが敵地で敵と馴れ合うという、それこそがヒュースの凄さでしょう。

ボーダーの隊員として遠征に参加する

そんな中、捕虜となった最初の方は、ボーダーを脱走してガロプラの遠征艇でアフトクラトルに帰国することを考えていました。

しかし、ガロプラのレギンデッツから、アフトクラトルに見捨てられ置き去りにされたという真実を知ります。

ヒュースは自力での帰還は難しいと察し、 迅に(ランク戦予想の時の)賭けの対価として「どんな方法でも良いから自分をアフトまで送り届けろ」という要求をしました。

その方法というのがボーダーの隊員として遠征に参加する、というもの。

本来ならありえませんが、玉狛第二なら戦力が欲しいので利害関係は一致します。

その後、ヒュースは玉狛第二の隊員入隊を前提にボーダーへ入隊し、近海への遠征部隊に選ばれることで、母国に帰ろうとしていました。

ヒュースの入隊について「ヒュースを信用できない」という意見もでました。

しかし、ヒュースは母国に帰ることが最大の目的であることから、ボーダー上層部と玉狛第二のリーダー(三雲修)と話し合いの末、ヒュースのボーダー入隊は決定となります。

ヒュースは、神(星の生贄)にさせられてしまう主君のところに帰るため、ボーダー側に協力してアフトクラトルを目指すことに決めました。

ワールドトリガーのヒュースは遠征で裏切るか考察!

また、ヒュースは嘘をついて敵を騙すような性格ではなく、得がなくても思ったことを堂々と言う実直な人物です。

最初から裏切る前提でボーダーに入隊することは好まないでしょう。

今後敵に回るかどうかはエリン家次第です。

ヒュースが玉狛で手厚い対応を受け、千佳たちに友情や義理を感じていたとしても、主君が一番であることは変わりません。

もしもエリン家がボーダーの敵に回るのであれば、ヒュースも敵になってしまう可能性が高いのではと思われます。

ただこれだけ玉狛の面々と仲良くなっているヒュースです。

ヒュースの性格上、敵に戻るにしても、一時的に敵として再び戦う展開はあるかもしれませんが、なんだかんだ最終的にエリン家ごと味方になる展開を予想しています。

ヒュースは義に厚い人物なので、ヒュースを丁重に扱ってきた玉狛の面々を遠征で裏切るつもりは本当にないと思います。

ただし主君の元に戻った後は、主君がボーダーの敵に回るのならヒュースも敵に戻るのかどうかはみどころです。

ワールドトリガーのヒュースが置き去りにされた理由は?

まとめ

以上「ワールドトリガーのヒュースのその後や遠征で裏切るか考察!置き去りにされた理由は?」と題してまとめてみました。

ヒュースの主君がどのような人物なのかで、今後が変わっていきそうですね!

ワートリ2021年秋アニメも楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました