ヴァイオレット・エヴァーガーデンがつまらない嫌い・面白いの理由!なぜ人気か評価感想まとめ!

アニメ
スポンサーリンク

日テレの金曜ロードSHOW!で、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の特別編集版、11月5日に映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』と2夜連続放送が決定しています。

こちらの作品は非常に話題作で、グッズの売れ行きも好調でした。

ただ、人気な作品なだけにヴァイオレット・エヴァーガーデン」の評価も様々です。

そこで今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデンが嫌いつまらない・面白いの理由!なぜ人気か評価感想まとめ!」と題して、ヴァイオレット・エヴァーガーデン」がつまらない・面白いと言われる理由について解説していきます。

視聴者のリアルな評価評判や感想をしっかりと見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヴァイオレット・エヴァーガーデンが嫌いつまらないの理由

簡単にヴァイオレット・エヴァーガーデンのあらすじをお伝えします。

暁佳奈氏の同名小説が原作で、2018年より放送されたテレビアニメです。

感情を持たない少女“ヴァイオレット・エヴァーガーデン”が、自動手記人形(手紙を代筆する)の仕事を通じて、物語が展開していきます。

依頼人から込められた手紙で「愛」を知る物語となっています。

それでは、早速ヴァイオレット・エヴァーガーデンは「つまらない」「嫌い」と言われる理由を見ていきたいと思います。

理由①内容が予測通り

理由②キャラクターの違和感

「つまらない」「嫌い」と言われている理由2つ目として、キャラクターへの違和感という意見が多数でした。

王道ストーリーに合わせて人形を動かしているような気がしてしまうようです。

そう見えてしまうと、視聴者も面白くありませんよね。

アニメは基本的に第三者目線で書かれるものです。

どうしてもキャラクターの心境をわかりやすく見せることは限度がありますが、そこを差し引いても、キャラクターに今ひとつ人間味を感じないという意見がありました。

また、キャラクターの言動に一貫性がないように思えるという意見や、納得がいかないという意見も多数でした。

キャラクターの性格や見た目、そのあたりの表現が雑に見えてしまうようですね。

人それぞれ感じ方が違うので、なんとも言えませんが、複数人が同じように感じているということは共通の原因がありそうですね。

理由③原作から大改変

ヴァイオレット・エヴァーガーデンが面白い理由

次に、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが「面白い」という評価の理由を見ていきたいと思います。

理由①高レベルな作画

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の作画のレベルの高さに感動していている視聴者が非常に多いです。

神クラスという意見もでるほどです。

また、こちらの作品は「京都アニメーション(京アニ)」が手掛けています。

京アニのアニメは以下の通り、作画の良さで有名作品が多いです。

  • 「氷菓」
  • 「境界の彼方」
  • 「小林さんちのメイドラゴン」

 しかし、ヴァイオレット・エヴァーガーデン 」は上記作品を超えたレベルと言われています!

確かに、見てみると非常に繊細な表現で描かれています。

アニメというよりは映画レベルの作画になっています(※2020年に映画化)。

上述した批判的な意見もありましたが、内容ではなく作画の美しさで視聴している方もいるようです。

理由②キャラデザインのヴァイオレットと服がキレイでカワイイ!

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの面白いと言われる理由2つ目、主人公のヴァイオレットの服がかわいいことです。

こちらも内容というよりはビジュアルについての意見となりますが、とにかく「かわいい」「きれい」という意見が多いです。

「おもしろい」「好き」と言う視聴者にとって、好きな理由1位を争う理由かもしれません。

確かに、見ていると非常に繊細で素材感まで伝わってくるような可愛いデザインです。

また、主人公も可愛いので、余計に引き立ちます。

そうした理由から、ヴァイオレットの衣装や靴を真似たいという方も多く、グッズも大売れしたようです。

髪型も編み込みでくるりと巻いていたり、気品もあり上品なんです。

こちらの衣装やデザイは作画監督を手掛けた高瀬亜貴子さんです。 

素晴らしいデザインですよね!

理由③内容が愛溢れる物語

人気の理由3つ目として、内容が涙無しにはみれない、愛溢れる物語に称賛の声が上がっています。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンのストーリーは1話完結型となっています。

毎回、愛に満ちた泣かせるストーリーです。

主人公が道具や武器から感情を理解していきます。

そして、愛に触れる事で人間へと成長していく物語です。

ヴァイオレットの成長がぐっときます。

有名人の方も作品をみて号泣しているようです。

理由④主題歌・挿入歌・エンディング全てが良い

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの主題歌(オープニングテーマ)は『Sincerely』です。

そして、エンディングテーマ『みちしるべ』です。

エンディングテーマは”作品のテーマ”に合っていて、そこに感動をしている方もいます。

最後に、ヴァイオレット・エヴァーガーデンのPVです。

映像がとても綺麗ですね!

ジャンルとしては、ファンタジーや群像劇となります。

また、DVDブルーレイ記載のあらすじは以下の通りです。

大陸を南北に分断した大戦は終結し、世の中は平和へ向かう気運に満ちていた。戦時中、軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンは、軍を離れ大きな港町へ来ていた。戦場で大切な人から別れ際に告げられた「ある言葉」を胸に抱えたまま―。ヴァイオレットは、この街で「手紙を代筆する仕事」に出会う。そして、ヴァイオレットは手紙を書くたびに、あの日告げられた言葉の意味に近づいていく…。

引用:ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray]

京アニの名作として、一度は見てみたい作品ですね!

ヴァイオレット・エヴァーガーデンがなぜ人気?

ヴァイオレット・エヴァーガーデンが「なぜ人気」なのか。

「面白い」という理由まとめ

手紙という題材で今は忘れがちになってる文化で心温まるお話であること。

単純な恋愛ではなく、どの年代でも、性別を問わず心に刺さる普遍的な愛をテーマにしているからかなと思います。

また、作画については素晴らしいレベルなので、見るだけの価値があります。

話題になった背景

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは深夜に放送されていたころ、当時はアニメファンの間では話題になっていました。

しかし、2020年頃から 一般の人にも人気になりました。

その理由・背景として以下が考えられます。

・テレビアニメだけではなく外伝の上映があったこと
・京都アニメーションの放火事件という悲しい出来事で京アニの作品が注目されたこと
・もともと京アニは海外からも人気で、さらに注目が高まったこと
・コロナでのおうち時間によりネットでアニメを見る人が増えたこと

以上、こうした背景もあって、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの認知度が急速に上がったんだと思われます。

2020年の9月には劇場版も公開され、2021年9月には金曜ロードショーでも取り上げられることになりました!

今後もますます注目されること間違いないようです!

 

 

 

まとめ

以上、「ヴァイオレット・エヴァーガーデンが嫌いつまらない・面白いの理由!なぜ人気か評価感想まとめ!」と題してまとめてみました。

金曜ロードショーといえば、ジブリ作品が多いように感じていましたが、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を放映するなんて、とても楽しみですね!

今後も地上波で視聴できる機会を増やしてもらいたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました