竜とそばかすの姫はつまらなそう?面白そうなど賛否の口コミと評判感想まとめ!

映画・アニメ
スポンサーリンク

細田監督の6作目となる「竜とそばかすの姫」が2021年夏の映画として話題をよんでいます!

しかし、公開前から「つまならそう」「つまらない」などというキーワードも上昇しており、「面白そう」という声も多数あります。

公開前とはいえ、竜とそばかすの姫の評判口コミが気になったので感想をまとめてみました。

竜とそばかすの姫はつまらなそう?面白そうなど賛否の口コミと評判感想まとめ!

<竜とそばかすの姫>
・つまらなそう・面白そう?
・口コミ評判感想まとめ!
スポンサーリンク

竜とそばかすの姫は「つまらなそう」という意見

「竜とそばかすの姫」について「つまらない」という投稿がなぜされているのか検証してみました。

理由として挙げられるのは以下3つの項目が「つまらなそう」と思われている要因かと思われます。

・脚本と監督が同じ
・タイトル

脚本と監督が同じ

脚本がつまらないという意見がありました。

細田監督は「おおかみこどもの雨と雪」から自身で脚本も手掛けるようになりました。

監督と脚本は別の人がやっている映画は多いですよね。

監督と脚本が一緒だと面白みにかけてしまうのでしょうか・・・。

タイトル

まずは「竜とそばかすの姫」のタイトルがつまらない!という投稿があります。

タイトルについてる「の」も気になりますし、タイトル自体が少し覚えにくいかもしれませんね。

すでに「竜そば」と省略されていますので、同じように感じている方も多いのではと思います。

また、「そばかす」というキーワードはマイナスな言葉にも聞こえるようです。

主人公のすずがそばかすの女子高生ですが、これがキーワードとしてなにか意味をもっているのかどうか気になるところです。

前作の細田守監督の作品「未来のミライ」についてはあまり評判がよくなかったので、あまり期待をしていないという理由もあるかもしれません。

「竜とそばかすの姫」公開後の感想も非常に気になりますね!

竜とそばかすの姫は「面白そう」という意見

反対に「面白そう」という意見もあるので、一部ご紹介していきます!

「面白う」という方は、具体的にここが面白そうという理由はなく、宣伝映像をみて世界観のイメージに興味を沸かせた感じがしますね!

口コミ評判感想

映画はこれから続々と感想が投稿されるかと思いますので、追って更新していきたいと思います。

「竜とそばかすの姫」は先に小説が出ています。

この小説を読んだ方の感想があるので、ご紹介していきます。

小説を見た方はとても高評価なコメントが多数でした!

小説が映像化されることが楽しみな方も多いようです。

小説を読んでから映画を見るか、それとも映画をみてから小説を読むか。

悩みどころですね♪

まとめ

以上「竜とそばかすの姫はつまらなそう・面白そう?口コミ評判感想まとめ!」と題して情報をまとめてみました。

「つまらなそう」「おもしろくない」という批判的な感想がでるということは、注目されていることには間違いありません!

色々な考えの方がいるので、感想は自由ですので、今後も色々な感想を覗いてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました