ジュラシックパークの映画は何歳から?怖いけど年齢制限あり?

映画・アニメ
スポンサーリンク

スティーブン・スピルバーグ監督である超名作「ジュラシックパーク」!

シリーズ化も出て子供から大人までファンが多い作品「ジュラシックパーク」ですが、恐竜や爆発シーンの描写が多くあり、とても迫力のある映画です!

今回は「ジュラシックパークの映画は何歳から?怖いけど年齢制限あり?」と題して、ジュラシックパークの映画は何歳からオススメとされているのか、調べてまとめています。

迫力ある場面を見て、子どもが泣き出すなんてパターンもあり、それがきっかけに大好きだった恐竜が「怖い」なんていうのはもったいないです。

やはりリアルな恐竜がしっかりと現われるので、適齢な年齢もあるかと思います。

また怖いという感想も多く、実際に年齢制限があるのかどうか。

併せて解説していきたいと思います。

ジュラシックパークの映画が怖いと思う年齢が何歳ころなのでしょうか。

早速みていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジュラシックパークの映画は何歳から?

ジュラシックパークの映画は何歳からが適齢なのでしょうか。

実際の声などで考察していきたいと思います。

結論としてはジュラシックパークの映画は5・6歳ころからが楽しめるかなと思います。

何歳から見ても楽しめる映画ですが、あくまで参考までとさせていただきます。

実際にジュラシックパークを映画館でみるのと家でDVDで見るのとでは、大分迫力の感じ方が違うので、まずは家の中でDVD鑑賞をしてみることをおすすめします。

「怖い」「面白い」と感じる個人差は兄弟でも差があるので、まずは本人が楽しんでみられるかどうかが判断基準です。

1本みて「面白い」と思えばシリーズ化を見せていく。

「怖い怖い」というのであれば、まだ見せるには早い年齢と判断して、翌年見せてみる。

実際に、人が食べられて大量出血するシーンもあり、人間が死んでしまう描写もあります。

そうした背景や描写を、いつから子どもに見せてもよいという判断はご家族の判断となりますよね。

子供の時にみた感想と大人になってから見た感想も違うので、その時々で子供の成長を見ながら判断されるのが1番よいかと思います。

実際に見て怖いと感じた意見

実際に見て「怖い」と感じた意見を一部ご紹介します。

特に女の子は怖いと感じてしまうかもしれませんよね。

大人ですら目をつぶってしまいそうな描写がありますから。

でも、年齢を重ねると必ず見れる日がくるので、過去に怖がったときは笑い話となり良い思い出にかわりますね、。

そうした成長を感じられるのも親としては楽しみですね!

実際に見て怖くないと感じた意見

実際に見て「怖くない」と感じた意見を一部ご紹介します。

やはり人によって感じ方は様々ですね。

そして、以外にも小さな子は「怖い」より「面白い」と感じる意見のほうが多数でした!

この映画をきっかけにますます恐竜は1番強いんだ!と憧れを抱く子も多いのかもしれません。

大人があらたてみると、血しぶきのような描写に目がいってしまいますが、子どもにとっては大好きな恐竜が大画面で暴れている姿を見れるのは「かっこいい」と感じるんですね!

ジュラシックパークの映画は怖いけど年齢制限あり?

ジュラシック・パーク(映画)の年齢制限について見ていきたいと思います。

日本ではジュラシックパーク年齢制限、指定なし

日本では、「ジュラシック・パーク」3作品と「ジュラシック・ワールド」2作品どちらも年齢制限がされていません。

また、どちらも年齢指定もありません。

ですので、日本では、子どもに見せるかどうかは大人の判断となりますね。

アメリカではジュラシックパークの年齢指定がされている

なんとアメリカでは、ジュラシック・パークの映画は年齢制限あります!

やはり大人が見ても「怖い」と思う描写はあるので、アメリカでは以下のとおり年齢指定されています。

ジュラシック・パーク3作品:PG-13
ジュラシック・ワールド2作品:年齢制限なし

ちなみにPG-13は、年齢制限ではありません。

下記のURLで詳しく説明しています。

https://kotobank.jp/word/PG-13-191529#E7.9F.A5.E6.81.B5.E8.94.B5mini

初期の「ジュラシックパーク」3作品に「PG-13」がついています。

ジュラシック・パークとジュラシックワールドの違い

アメリカでは上述したとおり、「ジュラシック・パーク」3作品と「ジュラシック・ワールド」2作品で年齢制限に差があります。

では実際にどんな差があるのか。

ジュラシック・パークについて

ジュラシック・パークは恐竜が人を食べてしまうシーンがリアルにあります。

また、食べられてしまった人の腕だけが残されているという場面も。

そして、頭から恐竜に食べられてしまった人間が足をパタパタしながら丸のみされるシーンもありました。

恐竜同士で人間を少しずつ食い合うなんていう残酷な表現もあったりしますので、たしかにこれをみて「怖い」と思う幼児も多いと思います。

文にして内容を落とし込むと、結構怖い表現になりますが、実際に映画として鑑賞すると「怖い」と感じるよりは恐竜の迫力に圧倒される感じです。

そして、今でも子どもから大人まで大人気な作品であることは間違い有りません!

日本で年齢制限がないことからしても、子どもにも十分見せられる映画です。

ジュラシックパーク表現はないということです!

ジュラシック・ワールドについて

ジュラシック・ワールドは、ジュラシックパークよりも残酷なシーンがマイルドになっています。

アメリカでも規制が少し緩和しています。

そうはいっても基本的な背景は同じなので、恐竜が人を食べるシーン、恐竜が襲いかかってくるシーンは出てきます。

しかし、血が出る場面はありますが、ジュラシックパークほど残酷なシーンはありません。

大きな音や大画面にうつる恐竜の迫力に「怖い」と最初は驚く子どももいるかもしれませんが、少しずつ描写にもなれ、ストーリーにはまってしまうのではないでしょうか。

恐竜好きのお子さまには一度見せてあげたい作品です。

映画の内容要約まとめ

ジュラシックパークの内容を簡単にお伝えします。

スティーブン・スピルバーグ監督がマイケル・クライトンの同名小説を実写映画化したSFパニックアクション。

現代によみがえった恐竜と人間たちの戦いを、当時最先端のリアルなCG映像で描き、世界的ヒットを記録した。生物学者グラントと恋人の古代植物学者サトラーは、大富豪ハモンドがコスタリカ沖の孤島に建設した施設に招待される。

そこは、最新テクノロジーによってクローン再生された恐竜たちが生息する究極のテーマパークだった。グラントたちは同じく招待された数学者マルコムやハモンドの孫である2人の子どもたちと一緒に、コンピュータ制御された車に乗り込んで島内ツアーに出発。しかし思わぬトラブルが続発し、檻から解き放たれた恐竜たちが彼らに襲いかかる。

出演は「ピアノ・レッスン」のサム・ニール、「ワイルド・アット・ハート」のローラ・ダーン、「ザ・フライ」のジェフ・ゴールドブラム、「大脱走」のリチャード・アッテンボロー。

引用:映画.com

・1993年製作/127分/アメリカ
・原題:Jurassic Park
・配給:UIP

まとめ

以上「ジュラシックパークの映画は何歳から?怖いけど年齢制限あり?」と題してまとめてみました。

名作作品は時代関係なく受け継がれますね!

恐竜好きな幼児から大人まで楽しめる名作映画「ジュラシックパーク」で盛り上がりましょう!

ジュラシックパークの関連記事はこちらから
タイトルとURLをコピーしました